備えはできるだけしておきたい/うっかりを少しでも減らそう

段取り八分という言葉がありますが、何かをする時の準備というのは本当に大切なものです。


旅行や遠足、大事な仕事の時はしっかり準備するかもしれませんが、その他の日常的な事で準備するのを心掛けている人はどれくらいいるでしょうか。


例えば、買い物に行く時。 お財布だけ持ってお店に行き、その場で購入したい物を考えるパターン。 もう一方は予算を決め、買う予定の物も決めておくパターン。


後者の方が、無駄遣いが防止できるし、買い物の時間も比較的短めになりますね。 やはり備えというのはしておいて損はないのかな、と思います。


学校に通う学生さんにも言えることがあります。


前日に翌日に使う教科書や持参物をちゃんと用意しておくのと、当日の朝に慌てて準備するのとでは、後者は忘れ物をするリスクが多いですね。


慌てた心のまま一日のスタートを迎えると、バタバタの始まりになっちゃうかもしれません。


仕事のミスや高松の交通事故につながらないよう、なるべく準備できることはしておいて、いい一日にしたいものです。


忙しいとなかなか準備に時間を取れないという事があるかもしれません。 そんな時は、せめて心構えやイメージトレーニングだけでもしておきたいですね。


会議やプレゼンなどの時には、ある程度の想定や頭の中でのリハーサルというもの有効です。

 

以前会ったことがある人なのに、今日会ったら名前が思い出せず、気まずかった。 買い物をしに行ったのに、肝心な物を買い忘れた。 書きたい漢字がいざとなったら忘れてしまい、書けなかった。


このように、物事を忘れてしまうことがあると、困りますよね。 些細なうっかりとは言え、思いだせないと悔しかったり、イライラしたり。

 

うっかりには人に迷惑がかかるうっかりがあります。


例えば、約束の時間を間違えて遅刻してしまった場合や、運転中に注意力が欠けて高松で交通事故を起こしてしまったり。


こういう事を完璧に防止する事は難しいかもしれませんが、ちょっとした心がけでうっかりをしにくくすることはできると思います。


例えば、人の名前のド忘れには、その人に会っている最中はなるべく相手の名前をちゃんと呼びながら会話する。


名刺を交換したのなら、その日の終わりに名刺を見て会話内容を思いだしたり、今日の日付を名刺の端っこに書いておく。


買い物の買い忘れなら、忘れないようにメモをとるなり、携帯電話に記録しておくなど。


注意力が欠けていて起こるうっかりならば、集中力を保てるような自己管理を行う事。 仕事で起こるうっかりミスは、もう繰り返さないという気持ちが大切です。


なぜ起こったのか原因を考えながら防止策を考えるというのも一つの手です。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容