交通事故裁判が得意な高松の弁護士を探しています

3ヶ月前にあった交通事故についての相談です。 

 

通勤途中に、バスから降りて歩いていたところ、高校生の自転車がぶつかってきました。 私は、腰を強打し、頭も10針縫う怪我をしました。

 

擦り傷や打撲も全身に広がっています。 後方から来る自転車には全く気付きませんでしたし、自身の怪我の状況から見て、自転車は相当なスピードが出ていたと思います。

 

当然、自転車の高校生も無傷ではなく、擦り傷と打撲、腕の骨にひびが入る怪我をしました。 

 

この交通事故により、私は仕事を辞めました。 当時、引越し屋の班長をしていたので、腰の影響で荷物をもてない私は、仕事を続けられなくなりました。

 

事務職にという話もありましたが、給料が減り家族の生活を維持できそうになかった上、休養を進める周囲の声もあり、会社を辞めることにしたのです。 

 

当然、これらの補償を加害者から受けられると思っていました。  ところが、加害者側の入っている保険の補償額以上の支払いを拒んでいます。

 

その高校生は来年、有名私立大学の受験を控えていると聞きました。 加害者の家に、全くお金がないとは到底思えません。 人を傷つけても、自分たちの生活が大事という姿勢が許せません。 

 

こちらは職を失い、家族は相当な不安を抱えているところなのです。  交通事故の裁判は費用も時間もかかるので、やめたほうが良いと相手の保険会社にいわれました。

 

しかし、私は断固戦いたいと思っています。 

 

私とともに戦ってくれる弁護士を探しています。 高松で、交通事故が得意な弁護士をご存知ではありませんか?

 

高松で交通事故を起こし被害者と揉めています

8歳の息子が自転車に乗っているところ、高齢の女性に接触してしまいました。 その補償を求められて困っています。 

 

事故のとき、息子は友達と遊び、家に帰る途中でした。

 

住宅街を走行中、民家の塀の陰から出てきた高齢者を避けきれず接触してしまったそうです。 息子は、転倒して怪我をしましたが、それほどスピードが出ていなかったので、擦り傷と打撲程度で済みました。

 

一方の女性は、事故で転倒した影響で骨折してしまったのです。  息子も自分がぶつかったと認識しているので、こちらは保険会社を通して治療費などを払いました。

 

保険会社も、この事故から考えられる精一杯の額を払ったと言っています。 こちらの補償が足りていないとは思えません。 

 

しかし、被害者の女性は、事故から半年が経ち、支払いも終わっているのに、朝起きたら足がしびれるとか、何かがあるたびに電話してきます。

 

交通事故後に精密検査を受け、それに見合った治療は済んでいるはずなので、電話の内容は交通事故とは無関係としか思えません。 

 

さらに、息子が猛スピードで走っていたとか、よそ見をしていたとか、ひどいことに悪意があったのではないかと言い出してきました。 

 

交通事故の落ち度はこちらにあると思っていますが、この状況はあまりだと思います。 交通事故を検分した警察にも相談しましたが、埒が明きません。 

 

このような交通事故について、高松で相談できるところをご存知ありませんか? この状況を早く終わりにしたいです。 よろしくお願いします。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容