通勤タイムの過ごし方/大切な睡眠時間を快適にしたい

通勤時間というのは、どんなイメージがあるでしょうか。

 

毎日満員電車なので憂鬱だという人にとっては、夏場は汗が出るし、ギュウギュウ詰めの車内は身動きが取れなくて辛いということがあるでしょう。


そして女性の方にとっては、誰かの体と触れて不快な思いをする人もいるかもしれません。


自動車で通勤している人は、渋滞に巻き込まれると到着時間に影響するために、出発時間に配慮しなければならない日がある場合も。


今はエコの時代ということで、高松でも自転車通勤の人が増えています。


渋滞の心配がないのも嬉しいことですが、燃料代がかからず、しかもちょっとした運動になるので、よほど天候が悪くなければ自転車を利用しているという方が割といます。


どの通勤方法にも言えることですが、交通事故には注意しなければなりませんね。


そして、通勤時間の活用方法というのも気になるところ。


電車や車で過ごす時間が長いという人は、それぞれの通勤時間の使い方があるでしょう。


少し前までは新聞を読んでいる人が多かったですが、今はスマートフォンやタブレットで書籍やインターネットを見ている人が増えてきました。


あと、音楽を聴いている人もいますが、音量には注意したいものです。 周囲への音漏れは、周りの人に不快感をもたらす場合があります。


周りに対する気遣いは忘れないようにしたいですね。

 

 

すっきりした目覚めで迎えた朝は、いつもより頭がシャキッとして、一日のスタートとしては嬉しい感じです。


しかし、すっきりじゃない場合というのは、起きるのが辛いし、立ちあがってもなお眠い。 まだまだ寝たい気分になりますね。


少しでも良い目覚めにしたいのなら、まずは眠りについて考えたいところ。


浅い眠りや途切れ途切れの眠りよりは、快適かつしっかり眠った方がよいです。しかし、この良質な眠りというものを手に入れるのが簡単なようで難しいんです。


例えば、枕と毛布といった寝具を変えただけで、快眠になったという人がいます。


けれど、それだけで済まない人も多数います。


寝る直前までテレビやパソコンを見るために、睡眠モードに入りにくいこともあります。 カフェインを含む飲料を飲んだ時も、夜眠れなくなる場合があります。


人の体質は本当にそれぞれのため、その人によって最高の睡眠への導き方もそれぞれあるわけです。 お薬の処方が必要な人もいますからね。


眠れないというのは、時によってはストレスや疲労の一因となり、集中力低下や体調不良に繋がります。


その影響で、日中のドライブ中に睡魔が襲って高松の交通事故に繋がるというリスクもありますから、睡眠をとるべき時間にしっかりとる事はとても大切なことです。


自分の生活を見直し、よい睡眠時間を心掛けたいものですね。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容