追突事故の賠償

仕事帰りに、高松市内で追突事故を起こしてしまいました。 自分の脇見運転が原因です。

 

相手は40代の女性で、重傷を負い現在も入院中、意識はあるものの、まだ賠償・保険関係の話をするのは難しい状況です。

 

交通事故を起こしたのは初めてなのでかなり焦りましたが、相手の方の命が助かって本当に良かったと思っています。

 

自分はろっ骨と足首を骨折したものの、数日で退院し、ギブスをつけながら仕事にも復帰できている状況です。 

 

命は助かったとは言え、相手に全治3か月の重傷を負わせてしまったことで、自分と相手の今後がとても心配です。

 

賠償の話を進めていく上で、 高松の弁護士を雇ったほうがスムーズに解決できるでしょうか。

 

保険会社を挟むとは言え、後々トラブルになるようなことは避けたいと思っています。  正直、保険会社をあまり信用していません。

 

自分の罪を軽くしたいとは思っていませんが、今後面倒なトラブルになることだけは事前に防ぎたいのです。

 

相手が重傷を負うような交通事故を起こしてしまった場合、弁護士を雇って対応するのはよくあることなのでしょうか。

 

個人的には、弁護士がいてくれたほうが心強いです。  こういった場合、どうするのが一番良いか教えてくださると助かります。

 

家が高松市内なので、できれば事務所が近く、交通事故関係に強い弁護士さんに聞いてみたいです。

 

交通事故でひきにげに…

友人が歩行中にひき逃げ事故に遭いました。 高松市内の市道で、青信号の横断歩道を横断中に右折してきた車にはねられたようです。

 

犯人はまだつかまっておらず、逃走中です。 友人は鎖骨とろっ骨を骨折し、入院しています。 命は助かりましたし、意識もあるので、とりあえずは安心しましたが犯人が許せません。 

 

歩行中の交通事故で、犯人が特定できていない場合、入院費やその他の賠償金はどこから支払われるのでしょうか。

 

友人は仕事が忙しい時期だったので、収入の補償と、精神的に受けたダメージに対する慰謝料も支払われるべきだと思います。

 

犯人がまだ見つからないのが本当に悔しいです。 そこは警察に任せるしかないのですが、友人は経済的な余裕があるわけではないので可哀そうです。

 

この事故が原因で降級や解雇などということになったら、あまりにも理不尽です。  こういう場合、どうすれば友人が負担を背負わなくて済みますか。

 

高松の弁護士に依頼することなのでしょうか、それともこういったひき逃げの被害者に対する救済制度があるのでしょうか。

 

もし弁護士に依頼したほうが良いなら、手続きの進め方と、だいたいの費用を教えてください。 

 

お忙しいとは思いますが、こういった経験がなく困っているのでアドバイスいただけると助かります。 よろしくお願いします。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容