自分で見つける交通事故の防御策

自分の運転は大丈夫と思っていても、ある日突然起こってしまうのが交通事故というものです。 道路の形状やその時間帯の交通量などで事故が発生しやすくなる状況は変わってきます。

 

安全運転をしていても突発的に起きてしまうのが交通事故の現状であり、 ましてや相手のいる事故に関しては相手側の居眠り運転や飲酒運転、更には無謀運転などで起こる場合もあるのです。

 

なお、統計によると事故死者数はここ10年以上は愛知と北海道がワースト1位と2位になっています。 北海道は冬場の凍結や直線道路の長さからくるスピードの出し過ぎが主な原因です。

 

愛知県は自動車保有台数が多い分、乗車率が高いことが事故多発の理由と考えられています。 そして人口密集地域、いわゆる大都市も事故件数が多い傾向にあると言われています。

 

また、高松でも交通事故は増加傾向にあります。

 

都心部である東京や大阪などでは自動車を確保するスペース料も高額なことから、維持費の問題もあり、自動車の代替として今自転車に注目が集まっています。

 

しかし一方で自転車の絡んだ事故が増えており、それは年々深刻な社会問題になっています。

 

エコな移動手段のアイテムとして自転車を安全に活用するためにはこれからどういった注意をしていけば良いのでしょうか。

 

警察のホームページでは、多くの都道府県が各地域の事故発生マップを公開しています。

 

あらかじめ自分の住む地域のどの道路で事故が多発しているのかを知っておくことで危険を避ける別ルートを探したり、 どうしても通らなければならない道のりであれば、注意する心構えを持つことも防御策の一つと言えるのではないでしょうか。

 

高松で飲酒運転の被害に…。

私は高松に在住している大学生です。 この間、交通事故に巻き込まれてしまいました。 

 

運転をしていた方は飲酒運転をしていたようなのですが、相手はそのことを認めておらずそのまま事態を有耶無耶にしようとしています。

 

日頃から体を鍛えており、幸い重傷にはいたらなかったのですが、私としては飲酒運転を許すことが出来ませんし、相応の補償もしてもらいたいと思っています。

 

現在相手と示談を行っている最中なのですが、相手は飲酒などしていないの一点張りです。

 

車から降りてきた彼は確かに酩酊しており、また運転もふらふらとしていて非常に危なっかしいものだったのですが、事件の目撃者がおらず、どのように飲酒をしていたのかを立証すればいいのか分からないままです。 

 

もし立証できなかった場合、このままうやむやにされたまま、適当に補償金をもらい、事態は終わってしまうのでしょうか? 

 

私としては私自身のためだけでなくこのような事故を二度と起こさないためにもしっかりと対処して、運転をしていた人の未来を潰してしまう恐れもあると思いますが、徹底的に戦っていきたいと思っています。

 

そこで訪ねたいのですが、今回のように目撃者が誰一人としておらず、また酒を飲んでいたと証言する者もあらわれないような場合、どのように相手の罪を立証していけばよいのでしょうか? 

 

よろしくお願いいたします。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容