交通事故の被害者として賠償請求できる種類

車社会になり、高松での交通事故は非常に多いです。 いつどこで、自分の身に降りかかるわかりません。

 

そのために、交通事故に合った時の対処の仕方を知識として入れておくことも必要なのではないでしょうか。

 

今回は、交通事故の被害に遭った時にどのような賠償を請求できるのか紹介していきたいと思います。

 

賠償請求は、死亡時と怪我をした時の2つにわけることができます。

 

死亡したときに加害者側に請求できるのは、逸失利益や慰謝料です。

 

逸失利益とは、死亡した被害者が将来得られたであろう収入に対する損害のことを言います。

 

慰謝料は被害者の近親者の精神的な苦痛に対する損害賠償だといえます。

 

その他には、葬祭費なども請求できます。

 

次に、怪我をした時はどのような賠償請求ができるのでしょうか。 これも死亡時と同じように慰謝料を請求することができます。

 

怪我の時の慰謝料が死亡時の慰謝料と違うところは、被害者本人の分の慰謝料しか請求できないということです。

 

そのほかには、医療費や、休業補償費なども請求できます。 怪我の治療のために医療費、そして怪我の治療のためにもらえなかった分の給与などです。

 

また後遺症が残った場合は、死亡時と同じように、逸失利益を請求できることもあります。

 

このように被害者としてさまざまな種類の賠償を請求できることができるのです。

 

交通事故と症状

高松の交通事故の多さは非常に目立ちます。

 

明日、自分が加害者になる可能性も、そして被害者になる可能性もあるのが交通事故の怖さです。

 

そして、加害者になっても被害者になっても、場合によっては社会的に大きな支障をきたしてしまうことがよくあります。

 

さて、そんな交通事故で最も怖いのは怪我です。 命にかかわる怪我を受ける場合もあります。

 

そして、なぜ交通事故による怪我が怖いのかというと、重い症状が現れるまでに時間差があるからなのです。

 

交通事故によって受けた外傷が軽かったとしても、時間が経つにつれて重い症状が現れることがあります。

 

そして後遺症として残ってしまうことも中にはあるのです。 後遺症として残さないためにも早期発見がとても大切になってきます。

 

早期発見のためには、何よりも、初期での症状を見逃さないことが大切になってきます。

 

そこで初期の症状を列挙していこうと思います。

 

初期の症状として代表的なものは頭痛です。 頭痛は重い病気のシグナルの一つです。 他には、首の痛みや吐き気などもあげることができます。

 

さらに、患部に内出血などが起きている場合も注意が必要です。

 

このような初期症状を見逃さない。 そして、症状が出ている場合は、一刻も早く病院へ行って検査をしてもらうことが、非常に重要なことだと言えます。

 

それが、後遺症を残さないためのできる最善の方法だといえるのです。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容