専業主婦が交通事故。賠償金はもらえない?

高松でも、多くのご家庭の「お母さん」が交通事故の被害者になっています。 自転車で走行中に車と接触したり、お子さんを守ろうとして怪我をしてしまったり。

 

こんなことにないようにしたいものですが、交通事故にあわないように心がけることができても、巻き込まれないようにすることはできないものです。

 

ごくまれに、「専業主婦はお金を稼いでいないのだから、治療費だけ支払えばいい」というような主張をする加害者もいるようです。

 

しかし、そんなことはありません。 専業主婦でも、家事や子育てに支障がでるほどの怪我をした場合には賠償金を請求することができます。

 

もちろん、自分の好きな金額を請求できるようなシステムはありませんから、弁護士に依頼する必要が出てくるでしょう。

 

そして加害者と被害者の話し合いによって、金額をすりあわせていきます。

 

家事を給与と換算して考えることは難しいとも言われていますが、弁護士に依頼をしておくと話がまとまりやすいでしょう。

 

交通事故で母親が怪我をしていまうと、やはりなかなかその家庭の家事は上手にまわらなくなるものです。

 

加害者の方も、自分の身に置き換えて想像してみるべきでしょう。 ちなみに、お年寄りの主婦の方の場合にはちょっぴり金額が下がることもあるようです。

 

こちらも高松の弁護士に確認してみましょう。

 

交通事故を円満に解決する方法を高松の弁護士に相談

交通事故を円満に解決する。 これほど難しいことはなかなかありません。

 

たとえ加害者と被害者が示談をするということになったとしても、それが納得のいく形で終わるまでには長い時間がかかることでしょう。

 

高松でもこのような交通事故のトラブルの解決を望み、弁護士事務所に依頼を持ち込んでくる方は少なくありません。

 

たとえば、加害者と被害者の間に保険会社が介入した場合、こういう人たちは非常に口がうまいと言われています。

 

自分の希望していることをうまく聞き入れてもらうには、非常に大きな労力がいることでしょう。 冷静に話を進めるためにも、高松の弁護士事務所に依頼をしてみてはどうでしょうか。

 

多くの弁護士事務所が交通事故の被害者、もしくは加害者の力になってくれることでしょう。 ちなみに、示談は一度まとまってしまうとやり直しをすることはできません。

 

ですが、恐喝まがいの手口であったり、暴力を使った示談であったような場合にはやり直しが認められることもあるようです。

 

そんなことがないように、話し合いをする時には第三者を連れて行くことも大事かもしれません。

 

そういう時に弁護士が力になってくれるのです。

 

とはいえ、お金がかかることも事実です。 あんまり余計な費用をかけたくないという場合には自分で頑張ってみてもいいかもしれませんね。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容