交通事故を未然に防ぐには

高松でも、交通事故は毎日のように起きています。 車に乗る人は、たびたび事故現場を目撃して嫌な気持ちになっているのではないでしょうか。 誰でも交通事故は起こしたくないですよね。

 

しかし、未然に交通事故を防ぐにはどうすればいいのでしょうか?

 

まず最初に、シートベルトをつけるのは大前提です。 これは自分の命を守るのに必要なことでしょう。

 

最近では、「アイサイト」という機能を搭載した車もあります。 他の車と衝突思想になった時に、その状況を回避できる機能ということで注目を集めています。

 

自動でブレーキがかかるということで、コマーシャルなどでも話題になっていますね。

 

こういう車を購入すれば、少しは安心度が増すかもしれません。 ですが、やはり交通事故の原因といえばよそ見や居眠りなどが多いとされています。

 

考え事をしたりしながら車を運転するのは危険です。

 

ぼんやりしていてハンドルを切りそこねたり、そのままブレーキを踏まないで前の車に突っ込んでしまう・・・なんてことのないようにしましょう。

 

携帯電話で話しながら運転するのは違反行為です。 ハンズフリーなどにするか、運転モードに切り替えておきましょう。

 

交通事故の慰謝料を高松の弁護士に相談

交通事故に対する慰謝料は、3パターンあり、交通事故被害者は、大体の場合には慰謝料が支払われることになります。

 

高松で起きた交通事故でも、ほとんど被害者は慰謝料を請求します。

 

しかし、慰謝料はどんなものでしょうか。 もし交通事故にあったことがないとしても、その中身は知っておくべきでしょう。

 

慰謝料は、主に3種類に分けられます。

 

たとえば、交通事故で骨折や打撲などの怪我をしてしまった場合。 もしくは、交通事故のショックによる精神的な被害に対して支払われるお金が「障害慰謝料」と呼ばれるものです。

 

交通事故にあったことがない人でも、1番イメージしやすいものでしょう。

 

また、交通事故のせいで体の一部分が動かなくなってしまったりなど回復が見込めないようなケースも存在します。

 

こういう時には、また別の慰謝料が支払われます。 これは「後遺障害慰謝料」と言われています。 最後が「死亡慰謝料」です。

 

交通事故ので被害者が死亡してしまった時に、慰謝料が支払われることとなるそうです。

 

ちなみに話し合いが難航するケースは、精神的な苦痛を受けたようなケースです。

 

精神的な苦痛は、肉体的な苦痛と比べると目に見えないため、判断がむずかしいからだそうです。

 

また、後遺障害についても、むち打ち症などはそうと認められにくいとも言われています。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容