横断中の女性を撥ねた交通事故

早朝、道路を横断していた女性が撥ねられたという交通事故がありました。 現場となった場所は、高松から離れています。

 

現場は、片側1車線の直線の市道でした。その場所に、信号や横断歩道はなかったようです。

 

現場の状況から、撥ねられた女性は、ガ-ドレ-ルの隙間から道路に出てきて、横断したようです。

 

被害者となった女性を撥ねたのは、トラックでした。 撥ねられた女性は、現場で亡くなっています。

 

トラックを運転していた男性は、自動車運転過失致死の容疑で、現場で現行犯逮捕されました。 撥ねられた女性の身元は、まだ分かっていません。

 

また、トラックを運転していた容疑者は、前方不注意の安全運転義務違反の道路交通法も適用となるでしょう。

 

ガ-ドレ-ルの隙間から、道路に飛び出したということから、女性に何かの事情もあったのかもしれません。

 

亡くなった女性の身元は、今のところ不明となっていますが、補償の点から考えると、トラックの保険での対人の賠償となります。

 

トラックを運転していた容疑者へは、女性が亡くなったことから、付加点数も加算されることでしょう。

 

トラックを運転していた男性は、かつて競争自転車関連の選手を仕事としていた人でした。 現在は引退していますが、引退してもなお、交通事故を起こしてしまうと、過去の仕事まで、公表されてしまいます。

 

交差点の横断中の交通事故

夕方、高松の市道交差点で、交差点を横断しようとしていた女性を軽乗用車が撥ねたという交通事故がありました。

 

この事故の被害者となった、撥ねられた女性は亡くなっています。 軽乗用車を運転者は、公務員の男性でした。

 

交通事故が発生した現場の交差点は、信号のない十字路交差点のようです。

 

交差点を直進して走行してきた、軽乗用車の左側から女性が交差点を渡り始め、軽乗用車の車体の正面左側にぶつかったそうです。

 

この交通事故では、軽乗用車の人は、自動車運転過失致死の容疑となります。

 

また、交差点内で事故が起きている点から、交差点安全進行義務違反の道路交通法も適用となるでしょう。

 

女性が亡くなったことによる付加点数も加算されるでしょう。

 

当時は大雨が降っており、視界は悪かったといいますが、交差点の中では、自動車が停止するか、徐行する義務があります。

 

前方不注意の安全運転義務違反もつくかもしれません。

 

補償は、軽乗用車の保険で対応が可能と思われます。 対人での賠償となるでしょう。 亡くなった女性も、生命保険などに加入していれば、その保険での対応も可能となります。

 

高松の地方公務員の男性が、自動車を運転して起こした事故でした。 報道に実名も出てしまったことから、地方公務員法の厳しい処分の対象になるかもしれません。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容