ひき逃げ死亡事故

高松の近くの県道で、早朝女性が血を流して倒れているのが発見されました。 現場の道路上には、女性が引きずられた跡が残っていて、車にひき逃げされた交通事故とみています。

 

通報により発見され、病院に搬送された女性は、数時間後に亡くなりました。

 

現場は 片側一車線の直進道路で、雨が降っていたようで、見通しは悪かったようです。

 

また加害者は交通事故を起こした現場から逃走しているということから、ひき逃げという救護義務違反の道路交通法が適用されるでしょう。

 

被害者が亡くなっているので、付加点数も加算されると思われます。

 

保険は、通常加害車両の保険で対応するのですが、容疑者が逮捕されていない状態では、被害者本人の保険で治療するしかないでしょう。

 

また、この事故の現場の近くでは、別日未明に県道交差点で乗用車と軽乗用車の衝突事故が発生しています。

 

こちらの事故では、乗用車の男性が亡くなり、軽乗用車の女性も軽傷を負っています。

 

この事故が発生したという交差点には、信号機もあり、当時、軽乗用車側が赤の点滅信号だったそうです。

 

この交通事故の過失を考えると、軽乗用車側に停止義務があるので、軽乗用車を運転していた女性は自動車運転過失致死の容疑と信号無視の道路交通法違反が適用となります。

 

また、乗用車の男性が亡くなってしまい、付加点数も加算となります。

 

交通事故での警察職員の罪

高松の南の県内での交通事故です。 乗用車を運転している時、自転車に追突し、逃走したというひき逃げの交通事故でした。

 

町道で、自転車に乗って停止していた女性に追突したという事故でした。 被害者の自転車の女性は、重傷を負いました。

 

逃走した車両を捜査していたところ、この容疑者が浮かんできたということです。

 

容疑者は、自動車運転過失傷害の容疑とひき逃げという救護義務違反の道路交通法違反で逮捕されました。

 

女性は、気が動転して逃走したと言っており、容疑を認めているということです。

 

また自転車の女性が、重傷を負っていることから、付加点数も加算されるでしょう。

 

ひき逃げという救護義務違反は、道路交通法での特定違反行為となります。

 

補償は、容疑者の保険で対応するべきですが、追突された当初の段階では、容疑者が逮捕されておらず、被害者本人の保険で対応せざるをえないでしょう。

 

被害者の女性は、パ-トの帰り道ということで、損害保険に加入していれば、自分の保険を使うこともできます。

 

また、自転車保険というものもあるので、加入していれば、その保険で補償されます。 追突した乗用車の修理費用は、保険では対応が不可能となります。

 

この事故で逮捕された女性は、警察の職員でした。 指導するべき立場の人間が逮捕されたようです。

 

警察の職員ということは、公務員ということです。 地方公務員法での処分の対象にもなります。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容