教諭のひき逃げ

高松で、ひき逃げの交通事故が発生しました。 事故が発生したのは、朝の通勤時間帯のことです。

 

市道交差点で、乗用車と左方向から来た乗用車が衝突し、被害者となった乗用車の女性に軽傷を負わせて、乗用車はその場から逃走しました。

 

この交通事故が起きた交差点というのは、信号機のない見通しの良い交差点です。 逃走した乗用車側に一時停止の標識があったことが判明しています。

 

衝突された乗用車の女性が、逃走した乗用車のナンバーを覚えていたことから、逃走した乗用車がわかり、ひき逃げの容疑者が逮捕されました。

 

男性は、自動車運転過失傷害の容疑で逮捕されました。

 

この他に、この交通事故では、女性に軽傷を負わせたまま逃走しているので、ひき逃げという救護義務違反の道路交通法が適用されます。

 

救護義務違反は、特定違反行為です。

 

また、容疑者側に一時停止の標識があるにも関わらず、一時停止をしないで交差点に進入し、交通事故を起こしたので、一時不停止という道路交通法違反が適用となります。

 

女性が軽傷を負っているので、事故の付加点数も付け足されることとなります。

 

補償の面から考えていくと、容疑者の保険で対応されます。

 

治療費は対人、乗用車の修理費用は、対物補償ですが、容疑者の車の修理代金は保険の適用外となります。

 

容疑者は教諭ということで、義務教育の教諭であれば、地方公務員法での処分も十分に考えられます。

 

高松の高速道路でのバイクと多重交通事故

深夜、高松が起点となっている高速道路での、バイクがひき逃げされた多重交通事故がありました。

 

高速道路を走行していた大型バイクが転倒し、後続の大型トラックに撥ねられてしまいました。その後も、後続の乗用車と大型トラックに撥ねられてしまったという交通事故です。

 

この交通事故による負傷者は、大型バイクを運転していた男性で、搬送された病院で亡くなっています。

 

また乗用車と4台目の大型トラックが、現場から逃げています。

 

警察は、残る2台を捜査中です。

 

交通事故が起きた現場は、片側2車線の緩やかな左カ-ブとなっています。

 

原因は、調査中です。 大型バイクのすぐ後続のトラックの運転手は、自動車運転過失傷害の容疑となるでしょう。

 

また転倒したバイクを避けきれなかったということから、前方不注意の安全運転義務違反の道路交通法も適用となることでしょう。

 

この時点では過失傷害の容疑ということでの、付加点数もつきます。

 

逃走している2台の車に関しては、共に自動車運転過失傷害の容疑と安全運転義務違反の道路交通法も適用となるでしょう。 その上で、現場から逃走しているので、ひき逃げの救護義務違反の道路交通法も適用となります。

 

バイクに乗っていた男性が亡くなったことから付加点数も付いてしまい、容疑が過失致死罪に切り替わるかもしれません。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容