信号の無い交差点での事故を軽減/駐車違反が危険である要因とは

信号の無い交差点というのは、高松で探してみても、ものすごく多く存在します。

 

大きな交差点には信号が存在しており、通行の安全が守られているのですが、小さな交差点などの信号が無い交差点というのは、ドライバーや歩行者の認識に任せられていることが多く、安全性の確立というものが曖昧なものになっています。


だからと言って、全ての交差点に信号をつけるということは、今より事故を誘発してしまうということに繋がっていったり、渋滞を引き起こしてしまう要因にもなります。


実際に、信号の無い交差点では、出会い頭の衝突や一旦停止無視による衝突、歩行者や自転車の接触事故など高松でも様々な交通事故が起こっています。


そもそも、信号機の無い交差点というのは多くの場合「最も注意して走行しなければならない道である」ということを意識しなくてはならないのですが、長年の運転歴からそのような警戒心が薄くなってしまうことも多く、その結果として交通事故に繋がっているようです。


信号機の無い交差点というのは、他のところよりも注意しなくてはならないところですし、譲り合う心と安全確認が必要だという認識が必要になります。


つまり、考え方ひとつで、このような交差点の事故というのは軽減させることができますし、初心者でもベテランでも、誰でもすぐに実践できます。


車だけではありません。 自転車の走行や歩行者に対しても、同じことが言えます。

 

駐車違反というのは、それほど罪の意識の無いマナー違反の主要なものです。


どの道路を見ても駐車違反を平気で行っている人は多く、大きな道のはずなのに、狭い道になってしまっているということが多くあります。


駐車違反を行ってはいけない理由として最も多いのは、渋滞を誘発するということのようですが、他の要因もあります。


それは、交通事故です。


駐車違反によって、その行為自体が直接関係してしまうということもありますが、最も多いのは、駐車違反をしている車が死角を作ってしまい、その死角からの飛び出しによって起こってしまう人身事故です。


高松の交通事故は、当事者の問題として意識してしまいがちなのですが、このようなケースの場合は、少し意味合いが違ってきます。


もちろん、交通事故を起こしてしまった人の不注意であるということは変わりないのですが、それ以外に、その事故が起こってしまった要因は何なのかということを考えなければいけません。


先ほどのケースでは、駐車禁止の車が作り出した死角というものが事故の原因になるということも考えられます。


このように、安易な気持ちで駐車違反をすることによって、大きな事故が起こる原因になってしまうことがあるのです。


つまり、自分勝手なマナー違反は、高松の交通事故に繋がってしまうことが多くある、という認識は必要なことです。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容