交通事故の示談交渉の場に「代理人」という人が来たが?

任意保険には「示談交渉代行」が付加されているため、最近では示談交渉の場に加害者本人が出てくるということも少なくなりました。 

 

高松でも、保険会社の示談交渉の専門家が「代理人」として示談交渉の場にやってきます。 

 

弁護士が示談交渉の場に登場することもありますが、それらはいずれも正式な代理人となり得ますから問題はないのです。

 

では、代理人を名乗っているものの、正式な示談交渉の場にそぐわない者があるのでしょうか?  加害者の知人や親戚を名乗る場合が多いですが、それは確認が必要です。 

 

加害者の親や兄弟という近い存在であれば問題はないのですが、そうでなければ代理権があるという証明である「委任状」が必要になります。 

 

それを提示するよう求め、それがない、或いは怪しいと感じたら、直接加害者本人に確認をすべきです。 

 

というのは、中には「示談屋」とか「事件屋」と呼ばれるいかがわしい存在が顔を出す場合があるからです。

 

代理人として報酬を得て示談交渉ができるのは弁護士や司法書士などの有資格者だけです。  それらの資格がない者が代理で交渉を行えば、それは法律違反となるのです。

 

中には詐欺や恐喝といった手段で示談交渉を被害者に不利な条件でまとめさせようと企む輩もいるので、間違いなく資格を持った正規の代理人であることを確認するようにしましょう。 

 

示談交渉に不安があれば、最初から高松の弁護士に相談していただければ、すべてをお任せいただけます。

 

交通事故の示談交渉にはどれだけ時間をかけてよいのか?

交通事故の示談交渉に、どれだけ時間をかけてよいものだろうか?というご質問をいただきました。

 

特に決まりはないので、納得がいくまでじっくりと話し合われるのが一番良いと思います。  加害者の代理として示談交渉にやってくるのは、殆どの場合任意保険会社の示談交渉の担当者です。

 

彼らは、同時に多くの案件を抱え、次から次へと交渉に出向かなければなりません。  ひとつの案件に長くかかわっていると、すべての案件を期限内に処理できないので、殆どの場合「これ以上話を続けても、条件は変わってこないと思いますよ」などと、少しでも早く示談を成立させようとすすめていきます。 

 

しかし、そんな言葉に乗せられてハンコを押すことはありません。  示談が成立した後でそれをひっくり返すのは大変です。

 

原則として、成立した示談をやり直すことはできないのです。 

 

であれば、あとで後悔するより、そこでどれだけの時間をかけてでも納得できると思える条件について交渉すべきです。 

 

ただ、交通事故の状況や損傷の程度については、相場とも言える一定の基準が存在するので、「もっと多くとってやろう」と考えても相場以上のものを要求するのは無駄な行為です。 

 

過剰請求は考えず、常識の範囲でことを進めるべきでしょう。

 

相場もよくわからない、交渉が苦手だという方は、ぜひ高松の弁護士にご相談ください。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容