思いこみは危険/自転車の高松の交通事故に備えることとは

これは、自転車や歩行者の人に多いのですが「車は止まってくれるだろう」という勘違いによる交通事故です。


統計上から見てみると、特に高齢者がこのような交通事故の加害者、もしくは被害者になっているということが多く、いっそうの注意が必要になります。


歩行者というのは今までの経験から「車は止まってくれるだろう」というような感覚で通行していることが多く、車が接近していても飛びだしてくることや、信号無視をすることがあります。


また、車の方も「止まっているだろう」というような感覚をもったまま、走行しているということがありますので、高松でもこのような交通事故が発生してしまうことがあります。


このようなケースでは、双方に非があることになるのですが、歩行者や自転車というのは「交通弱者」という認識が大きく、飛び出しであろうと何だろうと、車の方が加害者になってしまうということが多いのです。


このような風潮が、歩行者の「止まってくれるだろう」という意識を植え付けているということになっているのかもしれません。


交通事故というのは、どちらが悪いというような問題ではありません。


つまり、双方の注意のなさが引き起こしてしまうものです。


安易な思いこみで判断して通行するのではなく、注意力をしっかり持って歩行者も自転車も車も行動しなければならないということです。

 

最近では、高松でも自転車同士や歩行者と自転車というような交通事故が多く発生しています。


このようなことを見込んでなのか、最近では、自転車の保険というものが注目され、普及しはじめているようです。


また、高松でも通勤に自転車を使うという人が増えてきたということも要因の一つなのでしょう。


自転車というのは、基本的には通行弱者として認識されていますが、これは被害者として自転車が交通事故に関わった時であり、歩行者と自転車の接触事故というときは、自転車は交通弱者ということにななりません。


その為に自転車の保険が多くなり、加入者も増えているそうです。


細かな内容は違えど、自転車の保険というのは、車などの保険と基本的なところは同じです。


この自転車の保険というのは、車のように義務ではありませんので加入するかどうかは、本人の意思にゆだねられることが多いのですが、自身の安全と安心の為には、加入しておく方がよいかもしれません。


自転車に乗る機会というのは多いことですし、通勤や通学に使っているということであればなおさら、自転車の保険に加入しておくメリットというのは大きいように思います。

 

つまり、もしもの時の頼みの綱とでもいうような感覚で自転車の保険について検討することは必要な時代になっているということです。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容