交通事故での自賠責保険と労災保険の補償範囲の違い

自動車所有者と自動車運転者は、万一の高松の交通事故に備えて、自賠責保険とあわせて自動車総合保険などの任意保険にも加入しておくべきです。 

 

もしも加害者が自賠責保険しか加入していない場合、自賠責保険は、傷害に対しては120万円まで、死亡に対しては3000万円、後遺障害には4000万円までという限度額が決められています。

 

労災保険と自賠責保険では、その補償範囲が大きく異なります。  それによって問題が生じるケースも多くあるので、取り扱いには慎重さが大切です。 

 

「労災保険には慰謝料がない」という点をまず忘れてはいけません。

 

傷害事故の場合には、自賠責保険を優先して使用することにより、治療費だけで限度額の120万円を使い切ってしまうとなると、本来もらえるはずの慰謝料が全く支払われないという事も考えられるのです。

 

傷害の場合であれば、日額4200円×治療期間(これは「総治療日数」と「実入通院日数の2倍の日数」のうちで少ない方の日数となります)によって算定された額になります。 

 

後遺障害の場合は、その障害等級に応じて1級の1050万円~14級の32万円となります。 

 

死亡の場合であれば、本人慰謝料350万円+請求者人数に応じて500万円となる遺族慰謝料となります。 

 

この遺族というのは、死亡者の配偶者とその子、そして父母に限られます。  労災保険であれば治療費は「自己負担額ゼロ」です。 

 

さらに休業損害補償も「その傷病が治癒するまで8割補償、しかも無制限」ですから、特に過失割合で加害者側ともめているようであれば、労災(指定)病院に対して労災保険の先行利用を依頼するのは正当な判断だと思います。

 

交通事故後の治療では使用保険により診療報酬単価が違う?

自賠責保険を先に使うべきか、労災保険を先に使うべきかという話を何回か続けてお話してきましたが、今度は「診療報酬単価」のお話です。

 

自賠責保険を使った場合に100万円かかった診療費が、労災保険を使った場合も100万円になるということは、殆どあり得ません。 

 

医療機関によって、同じ傷病に対しての治療方法や方針も違うということの影響もありますが、同じ診療に対する診療費が適用する保険を変えたことで120万円や150万円になったという例もあるのです。 

 

高松の交通事故で、自賠責保険や任意保険を使った診療は自由診療扱いとなります。 

 

健康保険や労災保険を使った診療を指す保険診療とは、診療報酬単価が根本的に異なります。

 

保険診療の場合、健康保険の診療報酬単価は1点が10円であり、労災保険の診療報酬単価は1点が12円となります。 

 

これに対して、自賠責保険等を使って自由診療となった場合には、診療報酬単価を決定するのはその医療機関です。  そこで自由に決定することができるので、医療機関によっては1点を20円にも30円にもできることになるのです。

 

言い方は悪いのですが、自賠責などを使った方が医療機関側は儲かる仕組みです。  交通事故の治療を「健康保険は使えない」と言ってくるのには、そうした事情もあるのです。 

 

自賠責保険や任意保険を使った診療であっても、労災保険や健康保険の診療報酬単価に準じた取扱いをしてくれる良心的な医療機関も多数あるのです。

 

保険診療であれば限度額の範囲内で済む医療費が、自賠責保険を先に使ったために一気に120万円超えとなる場合もあるので、交通事故の相手が任意保険に加入していない場合は注意しなければなりません。

 

交通事故の医療費などで困りごとがある際には、高松の弁護士へ相談してみましょう。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容