交通事故の後遺障害認定と医師との信頼関係

高松の交通事故で受けた損傷について後遺障害認定を受ける際、大切なことのひとつに医師との信頼関係というものが挙げられます。 

 

医師も人間ですから、相手によっては「相性」もあり、うまく人間関係が築けない場合もあるでしょう。 

 

まして、交通事故で運びこまれた病院は、救急病院など自分で選んでかかった病院ではない場合が多いでしょうからなおさらです。 

 

しかし、まずは医師の言うことを良く聞いて治療をうけることが重要です。  医師との関係を良好に保っておきたいという理由のひとつに、加害者との民事裁判になった際に医師が重要な役割を持つことがあげられます。 

 

高松の弁護士は、訴訟にあたり主治医の意見を聞く必要があり、被害者と医師との関係が良好であった方が医師との面談がスムーズになりますし、信頼関係が築けていた方が好意的な意見もとれるものです。

 

しかし、前述のとおり、人と人とのことなので、どうしても医師を信頼できないとか、合わないと思える場合があるでしょう。 

 

その場合には、別の病院を紹介してもらうなどの方法を考えるのは仕方のないことです。 

 

裁判のことだけでなく、治療方針や本人の治癒意識にも影響がでることなので、信頼できる医師のもとで治療を受けることはとても大切なのです。

 

交通事故後遺症、症状固定その前に

高松の交通事故の損傷に対して治療を続けていくと、そのうちに「治療やリハビリの効果がそれほど上がっていない」、「症状の大きな改善が感じられない」といった時期がきます。 

 

その場合には、これ以上治療しても良くならない状態を意味する「症状固定」の可能性は十分に考えられます。

 

主治医と症状固定についてじっくりと話し合い、その後の治療について相談を進める必要があります。 

 

症状固定となってしまうと、治療費や休業損害が保険会社から受け取れなくなる可能性が高いので、ことは慎重に運ばなければならないのです。

 

場合によっては、医師の治療方針が合わず、本当はもっと良くなる可能性がある、ということも考えられなくはありません。 

 

たとえば、医師と気が合わない、医師のことが信用できない、自分が求める治療がしてもらえないなど、本当にその可能性があるようであれば、別の病院を紹介してもらうなどの手は考えてみる必要があるかも知れません。 

 

それでさらなる改善が見られるのであれば、それはぜひそうすべきでしょう。 

 

しかし、無理に症状固定を長引かせるのであれば、それは加害者から損害賠償を得るという解決を遅らせることにつながり、場合によっては受け取れる金額が少なくなってしまう可能性もあります。

 

重大な後遺障害が残り、自宅介護に移行するのであれば、自宅を改造したり、介護体制を整えたりしなければなりませんから、その後のことも考えて慎重にことを進める必要があるのです。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容