交通事故後遺症に対する保険金の額はどのくらい?

高松の交通事故被害者が一定の治療後に後遺症認定を受けた場合、その等級に応じて保険金が支払われます。 

 

等級は第1級から第14級までがあって、一番高い保険金が支払われるのは第1級で、最も低いのが第14級です。 

 

この一番上から一番下までの落差は大きくて、介護を要する後遺障害等級別の自賠責保険金額表でみると、3900万円以上の開きとなります。 

 

第1級と第2級の差でも1000万円ありますから、できることならひとつでも上の等級に認定してもらいたいものです。 

 

とはいえ、ちゃんとした証拠もなしに等級を挙げてもらうことなどできませんから、医師による診断と調査会社の公正な判定に期待するしかありません。 

 

1級がどの程度の内容かというと、・両眼が失明したもの・咀嚼及び言語の機能を廃したもの・両上肢をひじ関節以上で失ったもの・両上肢の用を廃したもの・両下肢をひざ関節以上で失ったもの・両下肢の用を廃したものといったものです。 

 

次の第2級では、1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの・両眼の視力が0.02以下になったもの・両上肢をうで関節以上で失ったもの・両下肢を足関節以上で失ったもの、となっています。

 

最も低い第14級の場合は、1眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの

・3歯以上に対し歯科補綴を加えたもの

・1耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの

・上肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの

・下肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの

・1手の小指の用を廃したもの

・1手の親指及び人指し指以外の手指の指骨の一部を失ったもの

・1手の親指及び人指し指以外の手指の末関節を屈伸することができなくなったもの

・1足の第3の足指以下の1又は2の足指の用を廃したもの・局部に神経症状を残すもの

・男子の外貌に醜状を残すもの

となっています。

 

高松の交通事故での任意一括手続きとは?

任意一括手続きは、加害者側の任意保険会社に手続きをしてもらう方法で任意一括手続きと言います。 

 

保険会社は自賠責損害調査事務所に対して、後遺障害診断書をMRI/CT/X線などの画像資料とともに提出し、等級認定を求めます。 

 

もちろん被害者自身がそれらの手続きをすることは可能ですが、手間もかかりますし、任意一括であれば、加害者側の保険会社がすべてを行うため、楽でいいということと、保険会社側からも「すべてうちでやりますから」と親切な態度で言われた場合に、ついお願いしてしまうケースもあるようです。

 

しかし、保険会社が主導で行うため、調査事務所が後遺障害の等級評価するために十分な資料が提出されず、低い等級認定結果となることも覚悟しなければなりません。 

 

そもそも交通事故によって発生した損害額や後遺障害の有無やその程度について、立証責任を負うのは被害者側であり、加害者側にはその義務はないのです。 

 

被害者として被害者の日常生活状況報告書や上申書を立証書類として添付することは有効な手段ですが、そんなアドバイスが受けられるなどとは期待しないことです。

 

保険会社は加害者側に立っているわけで、自らの支払い金額を増やすようなことのために積極的に行動するはずもないのです。 

 

被害者より加害者の立場を考えるのが当然といえば当然なのです。 

 

場合によっては、検査を受けることもすすめず、画像検査資料を隠蔽するなどという悪質なケースもあるくらいです。 

 

保険会社任せで良い結果が見込めるはずもないのです。 保険会社に任せてしまう前に、高松の弁護士に相談してみましょう。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容