交通事故の後遺障害認定の手順とは

後遺症の認定は、手順を踏んで行われます。 

 

高松の交通事故後すぐに判定がくだされるということは、原則としてあり得ません。 

 

一定期間治療を続け、完治すれば良いのですが、完治はせず何らかの後遺症が残るという場合には、それ以上は症状が好転しないという時期が必ずきますから、そこからが後遺症等級認定の始まりです。

 

その時期には、医師が「症状固定」である旨を診断書に書きます。

 

この状態で、交通事故被害者の体に身体機能に影響を与える障害が残っていた場合には、今後後遺障害として残るか否かが判定され、その状態に応じて等級が変わってきます。

 

後遺障害にあたるような症状が残ったと思ったら、医師に対して、「自動車損害賠償責任保険後遺障害診断書」又は「自動車損害賠償責任保険歯科後遺障害診断書」に当該部位の後遺障害の内容などを記載してもらい、保険会社を通じて調査事務所に対して後遺障害認定の申し込みをするのです。 

 

調査を行うのは、損害保険料率算出機構という機関が設置している事務所です。

 

ここが医師の診断書を基に調査を実施し、実際の後遺障害が認められるか、認められた場合にはどの程度の等級になるかを検討し、自賠責保険の支払い金額を算出してくれるのです。

 

交通事故被害者は後遺症認定に不満なら見直してもらえるか?

交通事故被害者が後々に後遺症が残るほどの負傷をして、医師に診断書を書いてもらい、所定の調査期間によって後遺症が認定された場合には、その認定等級によって、慰謝料等さまざまなお金が被害者に対して支払われることになります。 

 

等級によって受け取れるお金は最高等級の第1級から最下位の第14級までには大きな開きがありますから、ひとつでも等級が違えば、受けとる金額が大幅に違ってくるのです。 

 

ですから、高松の担当医師には慎重に判断をしてもらいたいものですし、審査をする調査会社にも、公正で正当な判断を下してほしいものです。 

 

しかし、現実には、多くのケースで交通事故被害者本人の自己診断と医師や調査会社から出される判定との乖離により、数々のトラブルが発生します。 

 

実際に後遺障害の等級認定は大変に厳しいもので、自分が考えていた内容と遥かに違う結果が出されるケースも多いのです。 

 

自分では確実に後遺障害認定がされると踏んでいたのに、「非該当」といって、最下位の14級にすら該当しないということもよく聞かれることです。 

 

1度判定された後遺障害等級の認定は、原則的に覆ることはありません。 

 

それでも、医師にしても調査会社にしても、すべて人が人の手で処理するものですから、間違いや勘違いということが、或いは見落とされている事実があったりすれば、それは再検討されるべきです。 

 

そんな時はぜひ一度高松の弁護士に相談していただきたいと思います。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容