高松の交通事故訴訟での裁判の進め方

そもそも裁判とはどういったものか、皆さんはテレビや映画でその現場を見たことはあっても、本物の裁判に臨むということはなかなかないものだと思います。

 

裁判とは、裁判を起こす側である原告の主張することの正当性や妥当性を判断するためのものと言っていいでしょう。 

 

原告と被告の双方が、それぞれ集めてきた証拠によって裏付けを示し、自らの正当性を主張し合うのです。  それらを総合的に判断するのが裁判官です。 

 

裁判官は、双方の主張の正当性を見抜き、正しい主張を認め、判決という形で国家による強制力を与え、助力してくれるのです。 

 

裁判官によって出された判決内容は絶対であり、不服であれば上告し、最終的には最高裁まで行くことで決着して、そこから覆ることはありません。 

 

証拠は、裁判官が納得できるものでなければならないため、一目瞭然、理路整然とした内容にまとめておく必要があります。 

 

不明瞭な内容であったり、あやふやなものであれば出す価値はなく、逆に主張そのものに疑惑をもたせたり、人間としての不信感をもたせることにもなりかねませんから、注意が必要です。

 

交通事故の示談交渉は、納得がいかなければ和解という安易な解決をせず、とことん闘うべきですが、裁判まで進まなくても解決できるケースは多いですし、いくら頑張っても「ない袖はふれない」という結果に終始する可能性もあります。 

 

賠償金にも判例などで相場が設定されているので、裁判所基準より高く請求しても相当な理由がなければ通らないものです。

 

高松の交通事故に詳しい弁護士に依頼しなければならない理由

交通事故というと、私たちの日常の中でも、比較的頻繁に発生しているものなので、"馴染み"のある事件ということができます。

 

しかし、交通事故によって負傷してしまった被害者が後遺障害を負ってしまった場合、「本当に認定された等級で間違いはないのか?」といったことまで含めると、当然、医学的な専門知識も必要になってきます。

 

したがって、交通事故の被害者が選ぶ弁護士によっては、損害賠償額が1000万円であったり、3000万円であったりすることがあることも事実です。

 

実際、別の法律事務所が第一審で納得のいかない判決を受けて、控訴したいという理由で相談に来ることもあります。

 

そして、過去の膨大な判例や専門的な知識によって、新たな主張・立証をすることで賠償額が跳ねあがるケースがあることも事実になります。

 

依頼を受ける弁護士は、どの弁護士でも全力を尽くして依頼者のために行動するものと思われます。

 

しかし、交通事故の案件に関しては、経験や知識が不足している事務所では、依頼者の納得のいく結果が得られるかどうかは疑問だと思います。

 

そのため、事故の被害者となったときに弁護士を探すことは必要ですが、交通事故を専門とした高松の弁護士を探すことが必要になります。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容