交通事故の裁判における依頼者の負担は?

高松の交通事故の被害者の中には、自分が加入している任意保険に「弁護士費用特約」があるにもかかわらず、弁護士に依頼しないケースがあるようです。 

 

これは、日本の場合、何かが発生したときに「弁護士に依頼するのは、非常に大変なことだ!」という意識が働いてしまっていることが原因で、日常生活に弁護士を活用するケースが少なすぎるのが理由なのかもしれません。

 

とくに交通事故の被害者にとっては、保険会社との交渉を弁護士に任せるメリットは、経済的にも精神的にも大きいものがあると思います。

 

また、保険会社との交渉が難航して、訴訟となった場合でも、依頼者の負担が大きすぎてしまうようなことはありません。

 

基本的に、裁判というものは、月に1度程度のペースで期日が決められますが、依頼者本人が出頭する必要はありません。

 

もちろん、裁判に興味がある方で、裁判所に出頭するケースもありますが、出頭したからといって大きな意味が生じるものではありません。

 

もちろん、加害者側との間で、過失割合の争いがあるときには、1度だけ証人尋問があり、裁判官に対して事故の状況などの説明をすることがあります。

 

依頼者が交通事故の裁判を起こしたとしても、裁判所に出頭する必要があるのは、証人尋問があったときに1回だけになりますので、大きな負担となることはないでしょう。

 

高松の弁護士に依頼したら、打合せを頻繁にする必要があるか?

交通事故の被害者が、保険会社や加害者との交渉を弁護士に依頼することをためらってしまう理由の一つに、「弁護士に依頼すると、打ち合わせなどで手間がかかってしまうのでは?」ということがあると思います。

 

もちろん、これ以外の理由で、費用面を心配したものなどもありますが、まずは、「弁護士に依頼する必要があるかどうか?」という点だけは確認しておいてほしいと思います。

 

基本的に、弁護士に依頼するメリットは、交通事故の加害者が加入している保険会社との交渉を任せることができる、という点にあります。

 

つまり、依頼人にとっては、加害者との交渉で時間を割いたりする必要もありませんし、不誠実な態度をする相手に対してイライラする必要もありません。

 

また、裁判になったとしても、出頭する必要があったとしても1回だけですので、あとは、怪我の治療に専念したり、仕事に復帰することに専念することができます。

 

ここで、手間を省くために弁護士に依頼したとしても、高松の弁護士との打ち合わせに手間が掛かっては意味がありません。

 

交通事故の案件の場合では、ほとんどのケースで、電話やファックス、あるいは電子メールなどでのやり取りで十分なことが多いと思います。

 

そのため、弁護士との打ち合わせのために、依頼者の負担が増えるようなことはありません。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容