高松の弁護士費用は本当に高いのか?

交通事故の被害者となってしまった人の中には、弁護士に依頼した方が良いケースでも、自分自身で解決しようとする方がいると思います。

 

その理由の一つに「弁護士費用は高いのではないか?」という先入観がある、という点があげられます。

 

また、弁護士費用を支払ってしまうと、加害者側から受け取る賠償金の手取り額が減少してしまうのでは?という心配もあるようです。

 

結論からいってしまうと、ほとんどのケースでは、弁護士に依頼した方が加害者側から受け取ることのできる賠償金額が高くなるのはもちろん、実際に依頼者が受け取ることができる賠償金額も多くなることが普通です。 

 

高松でも良心的な法律事務所なら、依頼者の受け取る賠償金額が実質的に減少してしまうような依頼は引受けないと思われます。

 

交通事故の問題を弁護士に依頼をすれば、当然その分の費用が発生してしまいますが、その費用をまかなったうえで、さらなる賠償金額を受け取ることができるのが弁護士に依頼する最大のメリットとなります。

 

もちろん、弁護士に依頼しない方が良いケースもありますので、交通事故に詳しい高松の弁護士に相談してみて、弁護士に依頼するべき事案なのかどうかを確認してもらうことも重要になると思います。

 

交通事故の報酬基準は一律か?

一般的に交通事故の対応などを高松の弁護士に依頼すると、「とても費用がかかるのではないか?」と心配されている方が多くいます。

 

しかし、実際には加害者側から受け取る賠償額は、自分でしたときよりも確実に増額しますし、弁護士費用を支払ったとしても十分にメリットがあると思います。

 

これまでの弁護士の報酬体系は、弁護士会によって一律に決められていました。これは、弁護士の行う業務の自由化が起こったことが原因で、報酬基準そのものがなくなってしまったことになります。

 

そのため、依頼者にとっては、これまでも安い費用で優秀な弁護士を見つけることができる、より良い環境に変化してきていると考えて良いと思います。

 

ここで、高松の法律事務所によっても異なりますが、基本的に弁護士事務所に支払う費用は、「着手金」「報酬金」「実費」の3種類に区分されることになります。

 

例えば、500万円の賠償額の請求のときは、着手金が8%・報奨金が10%となりますので、合わせて90万円が費用として掛かることになります。

 

この数字だけ見ると高いと感じてしまいますが、基本的に弁護士に依頼して加害者側から90万円以上の賠償金の増額が見込めないときには依頼をお断りしています。

 

依頼者にとって、実質的なメリットが大きいときだけ高松の弁護士を利用するのが理想だと思います。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容