訴訟になる場合の交渉期間の目安

交通事故の被害者となってしまった人が、加害者側との交渉を高松の弁護士に依頼するケースが必要になることもあります。

 

基本的に、交通事故が発生してから早い段階で弁護士に相談するのが良いのですが、入院をする必要があるときなどは、身内の人が相談に訪れても良いと思います。

 

弁護士に交通事故の処理を依頼すると、その後の保険会社との交渉などは、すべて担当する法律事務所を窓口として進められますので、被害者は、怪我の治療などに専念することができます。

 

ここで、加害者側との交渉があまりに長引いてしまうと、そのまま交渉を継続していてもメリットは少なくなってきますので、3カ月程度で和解に結び付かないようでしたら訴訟を提起することになります。

 

加害者側とどの程度の期間の交渉の後、訴訟となるのかは法律事務所によって判断が異なると思いますが、一般的には、3~4カ月以上交渉しても賠償額が上がることは少ないと思われます。

 

このように、加害者あるいは加害者の加入する保険会社との交渉で、一定期間経過しても被害者側の要求に応じてもらえないときには、訴訟によって被害者側の要求に応じてもらうようにすることになります。

 

そのため、交通事故の相談をするのは、訴訟となっても対応することができる、高松の弁護士の中から選択するようにするべきです。

 

訴訟をするかどうかの最終的な判断は依頼者の意見を尊重

交通事故の被害者となってしまった人は、加害者側との交渉を自分でした方が良いケース、弁護士に代理人となってもらった方が良いケースとありますので、最初に高松の弁護士に相談してみるのが良いと思います。

 

ここで、弁護士に依頼した場合、基本的に自分が加害者側と直接交渉をしたりすることはありませんので、怪我の治療などに専念することができると思います。

 

また、弁護士と保険会社での交渉がある程度進んだ段階で、もうこれ以上は話し合いでの譲歩は難しいという状況になります。

 

そのときに、担当の弁護士から、「訴訟をして賠償額の増額を求めた方が良い」あるいは「訴訟をすることなく和解に応じた方が良い」というアドバイスを受けると思います。

 

そして、依頼者である交通事故の被害者の方が、自分の判断で訴訟をするか示談をするかの決断をすることになります。

 

担当する高松の弁護士によっては、このような依頼者の希望を受け入れてくれないケースがあるかも知れませんので、最初の相談の段階のときに、解決までの大まかな流れの説明を受けるようにしてください。

 

いずれにしても、加害者側にどのように交渉してもらうかの指針を決めるのは、被害者本人の意見が尊重されるべきだと考えます。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容