交通事故の賠償額を決める3つの基準

高松で交通事故の被害者となってしまった人は、怪我をして入院することになったり、そのために仕事を休む必要が生じることもあります。

 

また、後遺障害が残るような怪我をされた場合では、それに加えて将来受け取るだろう収入も減少してしまうかもしれません。

 

そのため、交通事故の被害者が損害を受けてしまった分に関しては、加害者側に賠償を求めていくことになります。

 

しかし、保険会社の賠償額の基準は、基本的に裁判などで採用されている基準よりも低いものが使用されていますので、被害者の多くは提示された金額に納得できないようです。

 

交通事故の損害賠償額を決める基準は、任意保険会社の基準と裁判所の基準に、自賠責保険の基準の3つの基準が独立して定められています。

 

そして、賠償額の算定額が最も高くなるのが、裁判所・弁護士が採用している基準になります。

 

被害者のけがの程度・後遺症の有無によっても異なりますが、75万円と提示された慰謝料額が、弁護士に依頼することで150万円~200万円となるケースもあります。

 

弁護士に依頼した方が良いケース、依頼する必要のないケースとありますが、交通事故の被害を受けたときは、まずは高松の弁護士に相談してみると良いと思います。

 

完治していない"むち打ち"の治療費が打ち切られたら?

交通事故の被害者の中には、事故のために"むち打ち"となってしまうケースも出てきます。

 

むち打ちとなった被害者は、比較的長期間にわたって通院をすることになりますが、ある日突然、加害者側の任意保険会社から「治療費の打ち切り」の連絡があることがあります。

 

交通事故の被害者にとっては、まだ治療が終わっていないので、最後まで治療費を受け取りたいと考えるのは当然のことです。

 

しかし、任意保険会社の立場としては、できる限り治療費が膨らまないように、ある一定の期間が過ぎると「これ以上は、払えません!」といった通告をしてきます。

 

もし、そのような治療費の打ち切りを言われてしまったときには、信頼できる高松の弁護士に間に入ってもらい、「最後まで治療を受けたい!」という意思表示をすることが重要になってきます。

 

また、このようなケースでは、治療費を建て替える必要が出ることで困ってしまう被害者も発生します。

 

このような場合の治療費は、「健康保険」を利用して交通事故によるむち打ちの治療を継続することができます。

 

一般的には、交通事故で健康保険を使用することが出来ないように思われていますが、交通事故でも健康保険を使用することができるようになっています。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容