自転車との交通事故の被害弁償

一般的な自動車の交通事故の場合、加害者が加入している自賠責保険や任意保険などに対して、被害者は被害の弁償を請求することになります。

 

しかし、自転車の交通事故で、加害者が無職や学生である場合は、被害者に対して十分な賠償をすることが出来ないケースも出てきます。

 

そのような場合、被害者の担当弁護士は、加害者の加入する生命保険などに、個人賠償責任保険があるかどうかの確認をすることになります。

 

この個人賠償責任保険は、加害者本人が加入していることに気づいていないこともありますので、まずは加入の有無を確認させることから始めることになります。

 

ここで、個人賠償責任保険の加入があれば、その保険に対して賠償を請求していくことになりますが、加入していないケースでは、自動車の無保険車と同じ扱いになってしまいます。この場合、被害者側が取ることのできる選択肢は少なくなってしまいます。

 

この問題は、過払いの問題と同じように、加害者側に賠償するだけの財産や収入があるかどうか?それに代わる保険に加入しているかどうかが重要になってきます。

 

もし、自転車との交通事故で被害者となってしまったときは、高松の法律事務所に相談してみることから始めてみてください。

 

無保険車との交通事故の場合は?

高松で交通事故の被害者となってしまった人は、怪我をしてしまったり、自分の車や自転車などが破損してしまうことがあると思います。

 

このような損害は、加害者に対して賠償を請求することになるのですが、一般的には、怪我の治療費や慰謝料などは自賠責に請求をします。

 

また、車両の破損などの物的被害に関しては、加害者側が加入する任意保険会社に対して請求することになります。

 

しかし、任意保険は、あくまでも「任意」で加入する保険となっていますので、全ての車両に任意保険が加入されているとは限りません。

 

最もよく知られている例では、大手の運送会社では、全国に1万以上も車両があることを理由に、任意保険には1台も加入していないという事実があります。

 

このような、無保険車との交通事故の場合、加害者の中には、賠償金を支払うことが出来ないというケースもあります。

 

もっとも、交通事故の事件に精通した高松の法律事務所に相談することで、このような場合でも賠償の請求は不可能でないこともあります。

 

家族の加入する任意保険の内容を確認したり、自動車の保有者や勤務先の会社などに対して、責任を追及できるかどうかの検討をすることになります。

 

無保険車との交通事故は、弁護士抜きで争うのは非常に難しい問題となりますので、信頼できる弁護士を見つけるのが解決への近道といえます。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容