交通事故の逸失利益や慰謝料に納得がいかないときは?

高松の交通事故の被害者の中には、後遺障害を負ってしまう人もいますが、原則として後遺障害の等級に応じた逸失利益・慰謝料の算定が行われます。

 

しかし、自動車の運転をするような職業を自営業としていた場合、後遺障害のために廃業せざるを得ないケースも出てきます。

 

この場合、認定された等級によって十分な保証が得られるのなら良いのですが、比較的低い等級と認定された場合でも、廃業せざるを得ないときには、被害者側に不満が残ってしまうケースが出てきます。

 

このような場合では、被害者側が自ら失った収入が認定されたものよりも多いことを立証して、損害賠償請求をすることになります。

 

具体的には、このような請求を行う場合には、加害者側と話し合いによる交渉は困難となると思われますので、訴訟を視野に入れた対応をすることになります。

 

このような場合、交通事故の被害者が自分ひとりで訴訟を提起したりすることは難しいということから、やむを得ず納得しない認定に甘んじているケースも多いようです。

 

交通事故の被害者が、その被害を賠償してもらうためには、法律の専門家である弁護士に依頼する必要のあるケースもあります。

 

交通事故の被害者となってしまったときは、高松の法律事務所に相談して、納得のいく形で和解をする必要があります。

 

加害者が自転車の場合の交通事故について

高松の交通事故の加害者は、必ずしも自動車であるとは限りません。

 

近年、交通事故の加害者が"自転車"となっているケースが、テレビなどで多く取り上げられていますが、自転車の交通事故の場合は、いくつかの点で問題があるとされています。

 

まず第1に、自動車を所有する人が加入するような自賠責保険や任意保険がありませんので、加害者側に支払い能力がないケースでは、被害の弁償を受けることが難しいこともあります。

 

また、自動車での交通事故のときのような、後遺症認定の手続きなどもありませんので、自動車事故のときよりも費用をかけないと、信頼ある手続きを取ることが出来ないこともあります。

 

さらに、自動車事故のような過失割合が明確となっていない以上、加害者側と被害者側で意見の食い違いが生じたときには、訴訟となってしまうケースが多いと思います。

 

自転車と自動車の事故で、自動車が加害者となったケースなら、比較的スムーズに被害の認定などもできるのですが、自転車と人の事故が発生し、人が被害者となったときが困難となります。

 

このようなケースを被害者個人で解決するのは難しいと思いますので、高松の法律事務所などに相談してみることから始めるようにして下さい。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容