交通事故示談交渉で勝つための基本とは?

高松の交通事故の示談交渉は、相手の保険会社の担当者も、いずれくっついて出てくる専属の弁護士にしても、法律に詳しい交通事故バスターズです。ですから、弁護士も立てずに闘うのは危険な賭けというしかありません。

 

というわけで、交通事故示談で勝つための第一歩は、高松の弁護士の力を借りることと言ってもいいかも知れません。

 

もちろん、弁護士にはそれなりの費用が伴います。しかし、弁護士を使うことで、使わない場合よりはるかに多くの金額を賠償金として勝ち取ることができるのですから、費用の分くらいは十分に捻出できるということも覚えておいていただきたいところです。

 

どうして弁護士が出てくるだけで、そんなに賠償金の金額が変わるのか?  多くの方がそうした疑問をお持ちになると思いますが、これにはちゃんとからくりがあります。

 

からくりと言ってもイカサマみたいなものではありません。交通事故の賠償金の算定基準には、保険会社が使う自賠責基準と、弁護士が使う裁判所基準というものがあり、両者の間には金額的に、また適応要件にも大きな開きがあるからなのです。

 

保険会社は、なんだかんだと言っても結局は営利企業ですから、少しでも支出は抑えたいわけです。もちろん、交通事故被害者は少しでも多くの賠償金を獲得したいと考えます。

 

被害者に雇われた弁護士は、当然交通事故被害者の味方をしますから、被害者のために働いた弁護士の力で、より多くの賠償金を手にすることができるのです。

 

交通事故示談で保険会社と有利に闘うには?

高松の交通事故の示談交渉では、弁護士をたてた方が有利なのは間違いないと思いますが、それは交通事故に限らず交渉事であればどんなものでも同様です。 

 

こと交通事故に限って言うならば、交渉に臨む前にやっておきたいことは、相手の保険会社の約款の確認です。

 

約款は、保険の契約時などに手渡される、いわば保険の取扱説明書です。その保険に関する内容のすべてが書かれていると言っても過言ではありません。

 

ご自分の加入されている約款もよく見たことがないかも知れませんが、交渉に当たっては相手社の約款を確認することをオススメします。

 

では、なぜ約款が大事なのでしょうか?  これはその保険会社の方針を示したものであり、会社としての姿勢がここに如実に表されているからなのです。

 

当然保険会社の社員はこの約款に従って動きます。この約款の内容から逸れることは、会社に背くことになるからです。

 

事故加害者と保険会社との関係は、保険契約に基づくものであり、逆に言えば契約に基づいた内容から逸れることを規制しますから、原則として契約内容に関係ないことまで影響力はないのです。

 

保険会社と被害者との交渉では、彼らは一方的に事故の過失割合についてまで主張してきますが、これはあくまで保険会社の意見だというだけのことで、彼らに決定権はないのです。

 

ただ、自分たちの意見を主張しているだけ、それも約款という教科書に沿って、それだけのことなのです。

 

こちらはこちらで、本来これだけの補償があってしかるべき、という話をすればいいのです。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容