高松の交通事故後遺症認定の段取りはこんな流れ

後遺障害の等級認定の手続きは、決して簡単なものではありません。

 

まず、当の被害者が検査の結果として判定された等級に対して、納得できないというケースが非常に多いのも、厄介さの一例です。

 

当の本人の痛みや苦しみは、結局のところ他人である医師や検査技師には伝わらないですからね。

 

後遺障害の認定の手続、通常の流れは次のようになります。

 

被害者又は加害者は、診断書を添付して保険会社に書類を送付します。

 

保険会社は、損害保険料率算出機構に対して、必要書類などから細密な調査を実施します。損害保険料率算出機構から調査結果が報告されてきます。

 

その通知は保険会社が受け取り、被害者にも通知されます。

 

ここで注意しておきたいこととして、審査には医師の診断書が必要なのですが、被害者を食い物にしようとする悪い医師もいるということを知っておいてほしいのです。

 

診察費の他に金銭を受け取って、その見返りとして患者に有利な診断書を書きますよ、という輩です。

 

全く嘆かわしいではありませんか?被害者ももっと上の等級が欲しいばかりに、自分から金銭の提供を申し出るという場合もあるようで、そんなことを提案する患者もひどいですが、それを喜んで行う医師にも呆れてしまいます。

 

一度示談が成立してからは、その後に後遺障害が発生した場合に問題が起こります。最高裁判例により、示談当時発生していない、予想できなかった後遺障害については、その後さらに損害賠償の請求ができるとしています。

 

とは言え、示談成立後の新たな後遺障害認定の請求は実に難しい案件となっているため、示談は慎重にしたいものです。

 

後遺症認定とともに医療費の支払いは得られなくなるのか

高松の交通事故後の治療が続き、その間にかかる医療費や通院や入院にかかるその他費用についても、加害者(保険会社)の負担で支払われ続けます。

 

しかし、症状固定といって、治療を続けても改善効果が得られないと判断された時点で、後遺症認定へと駒が進められますが、その段階で保険会社からの医療費の支払いはストップされてしまいます。

 

後遺症認定となった時点で、そこから先の治療費は、示談金の中の慰謝料、後遺障害慰謝料などから充当されるわけなのです。

 

もちろん後遺障害認定後も治療は続けることが可能ですが、それは被害者自身の負担によるものとなってしまうのです。

 

健康保険に切り替えての本人支払いですから、自己負担分は自分で支払わなければならないのです。

 

自己負担に切り替えになることは、病院や治療を受ける施設にも伝えなくてはなりません。自己負担切り替え後のことを考えればこそ、示談の場での金額交渉は大切なのです。

 

将来の生活に重くのしかかる必要経費のうち、大きな負担となるものである治療費を、自分の手で勝ち取り、確保しておかなければならないのです。

 

後遺症認定は、医師が慎重な検査の末に下すものですが、これは一旦決定が出てしまうと、容易にはひっくり返すことができないものです。

 

それでも、さまざまな調査と再検査などによって、後遺症認定を交通事故被害者が求めるような等級までもっていくことも可能です。 

 

決まってからではなく、症状固定の前から高松の弁護士にご相談いただくことが望ましいと思います。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容