交通事故でいう後遺障害とはどのような状態?

後遺障害や後遺症など、いろいろな呼ばれ方をしますが、今は後遺障害が一般的です。高松の交通事故の負傷により、患部を治療したものの、これ以上治療を続けても改善しない状況にあることを指します。

 

間違ってはいけないのは、痛いのがずっと治まらないからと言って、それをすべて後遺障害として片付けるものではないのです。

 

後遺障害には等級がありますが、等級認定は「症状固定」となってから検討されることになります。

 

症状固定とは、治療によって痛みの緩和をはかることはできても、そこでの治療効果が期待できないし、症状の軽減がみられないという状態であり、「悪くなることはあっても、良くなることはない」という状態だとも言えます。

 

治療は「緩和」に限られますから、病院での治療中には症状が改善されたようにも思えますが、家に帰ったり、病院での治療を終えてしばらくすると、治療前と同じ状態に逆戻りしてしまったりするのです。

 

保険会社は折を見て『症状固定』を持ちかけてきますが、当の被害者にしてみれば、まだ痛いのや不自由なのは続いているのですから、「仕事なのはわかるけど、もう少しは被害者に気を遣えよ!」と言いたくなるほど頭にくることでしょう。

 

一方的に治療費の支払いはしないと言って治療のストップをもちかけてくることがありますが、本当にまだ痛いときや、もう少し改善されるという確かな見込みがあるような場合には、きちんと主張して、自分の症状固定はまだ早いということで納得させるしかありません。

 

障害の部位や症状の種類から、慣れた保険会社の担当者は「通常ならこのくらいで」という期日がインプットされていますから、平均的な日数でさっさと症状固定にもっていこうとします。

 

それでは不安だ、もっとじっくりと後遺障害について考えたいという場合には、ぜひ一度高松の弁護士に相談してみてください。

 

高松の交通事故で保険会社が後遺障害の症状固定を急ぐのは何故?

後遺症と症状固定の関係については、症状固定を経てからでないと、後遺症の等級判定はできないのです。

 

しかし、この症状固定の見極めどころは実に難しいものがあります。要するに、これ以上治療を続けても、現状到達しているところよりも良くなることはないという地点にいるかどうかを判定しなくてはならないのですが、そこが本当にその地点なのかどうかということが、誰の目にも明確にすることが困難だということがひとつの問題なのです。

 

特に、それによって後遺障害の等級を決定されてしまう交通事故被害者にとっては、本当に今がその症状固定といっていい時期なのかと不安でいっぱいになってしまうでしょう。

 

今であっても、この先三ヶ月後であっても「機能の改善に変わりがない」という判定をして、一方的に症状固定を宣言してしまうのが保険会社のやり方でもあります。

 

そのようにして、被害者側の気持ちなど関係なく症状固定を急ぐ保険会社の真意はどこにあるのでしょう?

 

すべては早期解決のためだといえますが、示談を早急に進めるために、さっさと症状固定に持っていき、後遺障害の認定をなるべく早く、後遺障害で重い判定を受けることがないように進めるのが保険会社の狙いです。

 

さらに、治療費の支払いも症状固定を理由に渋り、早期解決=早期示談にもっていこうとしているのです。  やり方に納得がいかない時は、ぜひ高松の弁護士にご相談ください。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容