飲酒運転による交通事故を減らす為に/簡単になったことによる事故の要因

高松の交通事故の原因として最近多いものは、飲酒運転による人身事故です。

 

お酒を飲んで車を運転するということは、常識的にしてはいけないものなのですが、自意識過剰なドライバーにはこのようなことがわからないということが多いようです。


この飲酒運転というのは以前は、ドライバー自身がそのような人身事故等を起こしたときの責任を丸々受けていたのですが、最近では、同乗者にも罪が科せられてしまうことがあります。 それは、飲酒をした人に運転させた場合です。


飲酒しているということが明らかな状態の人に運転をさせるということは、危険な運転を誘発しているということになりますので、危険運転致死傷罪にとわれます。


もちろん、同乗者が飲酒をしていても、ドライバー自身が飲酒をしていない状態であれば違反にはなりません。


そして、この罪は、飲食店側にも科せられてしまう場合があります。 それは、車を運転して帰らなければいけないお客にアルコールを提供した場合です。


商売だから仕方ないという意見もありますが、商売ならなおさらマナーを重んじることを促すべきです。


実際にこのような人にアルコールを提供して摘発されたというような事例もありますので、お酒を飲む人も、同乗者も、お酒を提供する人も、すべての人が注意しておく必要があります。


高松で交通事故を起こす前に、飲酒運転を無理矢理にでもやめさせる必要があるということです。

 

新しい性能を装備した車というのはたくさんでてきており、もっとも有名な機能というと、マニュアル車とオートマチック車ではないかと思います。


車の操作が簡単になり、誰でも気軽に乗ることができるものとして認識されていますが、その手軽さ故に起こってしまう交通事故というものがあります。


マニュアル車であれば、ブレーキがしっかりと踏めていない状態であっても発進してしまうということが少ないものなのですが、オートマチック車というものは、ブレーキがしっかりと踏めていない状態だと、少しずつ前に進んでしまうことがあります。


そのため、追突してしまうということが起き、高松の交通事故につながってしまうことがあります。


また、運転中の操作が少ないので、長時間の運転をしていると睡魔が起こってきてしまうということもあり、居眠り運転の要因になっているとも考えられます。


このような事例で発生している高松の交通事故は多くあります。


絶対に交通事故につながるということではありませんが、車の操作が簡単になってしまったということが要因で招きかねない交通事故は多くあり、ドライバーはより集中して運転するということに注意を払わなくてはいけません。


つまり、簡単になったからといって、気楽に乗るということは避け、車の性能をしっかりと把握することが必要なのです。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容