交通事故訴訟の弁護士費用についても請求できる?

高松の交通事故後の賠償問題のこじれから、民事訴訟にまで発展するケースは決して少なくありません。

 

その場合にはどうしても弁護士をたてなければなりませんが、その費用(弁護士報酬と言います)についても一部又は全部を支払うよう、加害者側に請求することができるようになっています。実際には全部を請求しても、認められるのは一部ということになりますが。

 

通常ですと、高松の交通事故被害者が訴訟を弁護士に依頼する場合、案件の依頼時に着手金と訴訟提起のための諸費用について実費を支払うことになりますが、訴訟が決着をみた後で弁護士に対しては報酬が支払われることになります。 

 

そのうちの一部について加害者側に請求することが認められているのです。この報酬額は、裁判の中で決定される賠償金額が基礎になり決定されることになります。

 

一般には、賠償金額の10%が報酬額となりますが、賠償額が高額になればなるほど、報酬額は低く設定され、5%程度、又はそれ以下になることもあります。

 

しかし、この報酬額は決まりがあるわけではないので、弁護士との話し合いで決めることも可能なのです。

 

せっかく訴訟で有利な結果を受け取ることができても、その後に弁護士との間で報酬額をめぐってトラブルになってもいけませんから、最初の相談の段階で報酬額や支払うべきその他の金額についてもしっかりと打ち合わせておく必要がありますね。

 

交通事故の賠償金にも利息がつくのですか?

高松の交通事故では、たとえどんなにスムーズに交渉が進んだとしても、実際に賠償金が交通事故被害者に支払われるまでにはかなりの日数がかかるのが一般的です。

 

交通事故が発生した日のことを「不法行為の日」と言いますが、その日から被害弁償といって実際に賠償金が支払われた日までには、『遅延損害金』と呼ばれる、利息とも言えるお金を請求できることになっています。

 

年率5%ですから、大きくはないものの、長引けば支払う加害者にとっては大きなダメージとなりますから、少しでも早く解決をするようにという法律側の配慮だと言っていいでしょう。

 

ただ、この遅延損害金は、被害者側が提訴して判決が出された場合に、裁判所は遅延損害金について請求を認めてくれますが、提訴したとしても和解や調停など、通常の話し合いレベルでの決着となった場合には、保険会社側は遅延損害金の請求をしても簡単には認めてくれないという事情がありますから、覚えておいていただきたいと思います。

 

高松で交通事故に遭ってから、一年以上もかかってようやく賠償金の支払いが決定したというのであれば、精神的にも経済的にも、また肉体的にもかなりの疲弊が伴いますから、せめて5%程度の割り増しはつけてほしいところです。

 

長引くケースでは最終的に裁判所の判決という結末が予想できますから、その場合には忘れずに遅延損害金についても請求するようにしたいところです。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容