高松の交通事故被害で通院交通費は認定されるか?

高松の交通事故被害者が自身のために通院するために要する交通費はどの程度まで認められるものでしょうか?

 

バスや電車であれば、通常は問題なく容認されるのですが、タクシーは別格です。

 

交通事故後の治療のために通院する患者は、往々にしてタクシーを利用したがりますが、それもわからなくはないことです。

 

しかし、すべての事故被害者の通院にタクシー利用を認めてしまっては、大変なことになってしまいます。

 

保険会社はタクシー利用を認めないわけではないのですが、それには症状や障害部位など一定の基準を超えていて、タクシー利用も止む無しと認められる状態であることが条件となります。

 

仕事で、会社が経費と認めるタクシー利用の基準と同じで、バスやタクシーの利用が制限される地域という地理的条件や、バスの乗り降りに支障があるほどの障害を負っているなどの条件が見られれば、それは認可されるでしょう。

 

それらを保険会社に対して承認も求めず打診もなしに利用した場合には、いくら領収書を持ってきても認めてはもらえません。

 

必ず事前に承認を求めるべきです。バスや電車に関しては領収書の必要はないのですが、通院日と乗車区間、運賃をノートなどに漏らさず記しておくと良いでしょう。

 

自家用車を利用した場合でも請求できるので、ガソリン代、高速料金、駐車場代まで領収書を保管し、走行距離も記録しておけば万全です。

 

交通事故被害者の通院交通費はお見舞いでも承認されるか?

高松での交通事故後の治療のための通院であれば、タクシー以外の交通手段の利用は殆どが認められます。

 

タクシーも障害の部位や程度によっては認められますので、事前に保険会社に承認を得れば良いでしょう。

 

交通事故被害にあった当事者についてはそのように通院交通費が認められますが、その他の関係者の交通費も認められるものなのでしょうか?

 

それでは、見舞いの場合の交通費はどうでしょうか? 

 

「見舞いについては、原則的には不可」を基本姿勢としていますが、交通事故に遭った被害者の肉親が海外から見舞いに来る交通費を認めた判例も出ているくらいですから、条件によるというもののかなりのところまでは認められるようです。

 

ただし、利用する手段は電車・バスが基本であり、特別な事情が配慮されれば航空機やタクシーも認められると覚えておくとよいでしょう。

 

遠方からの見舞いについては宿泊も必要になりますが、それも当然のこととして一定の範囲では認められるものと思われます。

 

認めるかどうかは、原則として保険会社の判断によりますから、こと見舞いについては、一般常識で考えて妥当だと判断できる内容の範囲に収まっていることが重要になります。 

 

グリーン車や豪華ホテルなどの請求が簡単に認められるものではないのは、常識で判断できると思います。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容