交通事故後の治療は医師の指示以外は補償されない?

高松の交通事故の治療は、事故直後の治療に関しては、生命の危険もありますから、あらゆる治療や施術、投薬がされますが、それ以後の治療に関しては、原則として医師が指示したこと以外で治療がされても、それについては補償されないので注意が必要です。 

 

一般の治療であれば、本当に必要があれば認められる可能性は高いですが、鍼灸、マッサージ、治療器具の購入、薬代、温泉治療費については、どれも原則として医師の指示を必要とします。

 

指示なく治療や購入がなされた場合には、認可されない可能性もありますから、勝手に治療等をしてしまわないことが大切です。

 

マッサージについて言えば、医師の指示がなくても、障害の箇所や程度によって、一部治療費は認められた経緯がありますが、保険会社に対して事前に伝えておき、承認を受けてから行った方がよいでしょう。

 

温泉療法はいわゆる「湯治」は認められておらず、医師の指示によって医療機関の付属診療所またはそれに準ずる施設でのみ可能となっています。  自分の勝手な判断で行ったところで、すべてが認められるものではありません。

 

マッサージ器や座椅子などの購入、サウナ風呂の利用や電気治療器なども、医師の指示なしで購入の場合、許可はされず、勝手な購入については認められない例の方が多いようです。

 

交通事故後の入通院で付添看護は認められるか?

高松の交通事故後の治療については、原則として医師の指示があったものについては保険で認められますが、それ以外の勝手な治療や医療器具の購入は補償の対象になりません。

 

逆に、認めてさえもらえれば、許された限度いっぱいの治療は受けることができ、それを請求することもできるということです。

 

治療にかかる費用に関してはそれで良いとして、では、入院するほどの重症の場合で付き添い看護が必要だった場合には、それを認めてもらえるのでしょうか?

 

それが通院であったとしても、医師によって「付き添い看護の必要あり」の指示があれば、適当な限度内で請求できることになっています。

 

また、医師の指示がなかったとしても、状況によっては認められているケースが多いですね。この場合の付き添い看護というのは、プロである職業付添人のことを指しています。

 

積極損害として認められる付き添い看護には、入通院付き添い看護費と、将来の付き添い看護費があります。職業付添人の場合には、実費全額が認められますが、近親者付添人の場合には、条件によって定められた金額が支払われることになります。

 

ただ、これも保険会社基準と裁判所基準とでは大きな開きがありますから、保険会社から一方的に金額を言ってきたとしても、それを鵜呑みにせず、高松の弁護士に相談していただきたいと思います。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容