高松で交通事故診療には保険証が必要か?

高松で交通事故に遭った場合の治療費をすべて賠償金でみてもらえると考えるのは早計です。

 

ケースによっては認められない診療というものもあり、なんでもかんでもが補償の対象だというわけではないのです。 

 

診断書や領収書などの書証もきちんと取り、後々まで保管しておくことが大切です。今回問題の焦点となっているのは、健康保険証が交通事故による傷害の治療に使えるかどうかという話ですね。 

 

使えるかどうかと聞かれれば、使えないことはない、とお答えするしかありません。使えるのですが、なるべくなら使わないほうが良いでしょう。

 

最終的には相手に請求するものですから、いったん保険適用をして清算し、領収書などを頼りに、後々清算していくというのも面倒な話ですね。

 

場合によっては、相手の保険会社から、ぜひ使わせていただきたいという申し出があることもあります。

 

それでも断ることは可能なので、使わないほうが良いと思います。後の処理のこともありますが、選ぶ権利は交通事故被害者の方にあります。

 

医療機関でも「使わないで」と言ってくるところが多いようです。ただ。中には相手に支払い能力がないという理由から、被害者が自分で立て替えなくてはならない場合もあります。.

 

その時は、保険を使って立替の負担を減らすのは有効な手段と言えます。

 

交通事故後の診療でいう過剰診療とは?

通常、日本の医療機関を受診した場合には、健康保険証を持参することで、厚生保険の適用を受けて何割かの自己負担で治療を受けることができます。 

 

保険診療といって、治療行為や手術、投薬などそれぞれに点数がつけられていて、その点数に則した基準以内の療養を受けることになるのです。

 

その反対にある無保険診療は、健康保険証を持っていない人がかかった場合の治療を指し、保険点数で決められた治療を、全額自己負担という形で受療するものです。

 

そして、この自由診療の場合には、保険診療の域を超えた治療を自由に受けることも選択できるのです。

 

要するに、本人さえ希望すれば、或いは医師のすすめでもっと高度で手厚い治療を受けることも可能なのです。

 

高松の交通事故の場合も、保険を適用せずに自由診療の形式をとることが多いのですが、そこで問題になるのは、自由であるが故の「診療の限度」についてです。

 

一定限度を超えていると思われるものについては、請求しても交通事故の補償ではみてもらえない場合があります。

 

障害の程度に比べて、医学的な必要性や合理性が認められない治療は、「過剰診療」と呼ばれます。

 

必要以上に丁寧な治療行為であれば、それは「濃厚診療」と呼ばれます。

 

そして、社会一般の診療報酬基準から見て、はるかに水準を超えている高額な医療を「高額診療」と呼んでいます。

 

常識からみてあまりにも手厚い診療については支払いの対象外となることがあるので、保険会社に確認すべきです。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容