高松の交通事故で車両が使えなくなったら代車を要求できる?

高松で交通事故に遭って、車両が使用できないほど損傷してしまったら、通勤や仕事で利用しなければならない人にとっては大打撃です。 

 

修理している間、仕事や用事をすべて後回しにすることなど現実的に不可能ですよね。その間に代車を使用せざるを得ない場合には、その使用料を加害者が支払ってくれるのでしょうか?

 

交通事故によって、車両を修理している期間、又は修理不能のため買い換えをしなくてはならず、代車を使用する必要がある場合、レンタカーなどを用意して使うなど、実際に代車を利用した場合には、一定の条件のもとで代車使用料金を損害額として認めてもらうことができます。

 

それ相応の修理期間、買い替えのための期間について、相当額を基準として代車使用料は損害額に含めることができるのです。

 

ただし、被害者が代車費用を要求する場合に、他に車両を保有しているなど代車を使用しなければならないという必然性がなければ、認められないのが普通です。

 

それなりに特別な事情があれば別ですが。

 

認められる期間は、一般に修理に要する期間ということになりますから、現実にどの程度で修理か完了するかを、修理工場から見積書などで提示してもらい、その期間を設定することになるでしょう。

 

交通事故の休車損害とは何のことでしょうか

高松で交通事故に遭って業務用の車両が大破してしまったような場合には、その車両が使用できないために、業務遂行ができずに、修理や買い替えが完了するまでの間、営業停止に追い込まれることもありますよね。

 

このときに検討されるべきなのが、「休車損害」というものです。

 

休車損害とは、交通事故に遭った営業用・業務用車両について、車両の修理や買い替えなどのためにこれを使えなかった場合に、修理相当期間又は買い替え相当期間に、当該車両をもって営業できていれば得られたであろう利益を、損害として認めてもらう制度です。

 

しかし、代車の使用料が認められる場合には、休車損害は認められないことになります。それでは、交通事故車両がタクシーだった場合には、休車損害が認められるのでしょうか?

 

タクシー会社などは、通常そうしたときの手配として、代替車両を用意している場合が多いので、それを利用すれば営業に大きな損害は発生しないということを理由に、休車損害は認められないことの方が多いようです。

 

ただし、判例ではタクシーや営業用トラックなどについての休車損害を認めるものもあり、営業主の雇用実態を見極める必要があります。

 

判例の中で、休車損害を認めたものとしては、自動車教習学校の自動車や貸し切り大型バスなどがあります。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容