交通事故示談交渉の任意保険基準と保険会社基準?

高松の交通事故後の示談交渉にやってくるのは、いかにもベテランの風格漂う、保険会社の担当者さんです。

 

「プロだから、交通事故のことなら何でも聞いてください」と顔に書いてあるような方が目の前にいると、本当に何にでも応えてくれそうな気がしちゃうものです。 

 

そんな方を相手にしたら、どんな人でも、「この人だったら嘘は言わないだろう」と思うものです。

 

だって、保険会社のベテランさんというだけで、信じるしかないだろうと思いますからね。しかし、そこが問題なのです。

 

保険会社の社員は、確かに正しいことを言います。

 

しかし、それは「うちの会社では、この金額が上限です」という正しいこと、です。

 

本当は、世間一般の常識的な金額を言ってくれると我々は思っていますが、保険会社の人間はそれではなく、自社の正しいと信ずる金額を言うのです。

 

決して間違ってはいませんよね?裁判所基準の額を言ってほしかったけれど、彼が言ったのは会社の基準だったというだけのことです。

 

裁判例では300万円なのに、保険会社規準では220万円、それがその会社独自の基準180万円というものがあったら、彼はそれを基準にするでしょう。

 

なぜなら、彼はそこの社員だからです。  ですから、彼が「その傷病についての賠償基準は180万円ですね」と言ったとしても、それは正確とはいえないまでも嘘ではないのです。

 

弁護士が立ち会えば、そんな横暴は許しません。  一度高松の弁護士にご相談ください。

 

交通事故訴訟の弁護士費用ってそんなに高額でしょうか?

よく聞く話ですが、弁護士に支払う費用のおかげで、せっかく勝ち取った賠償金がなくなってしまった、そんな話聞いたことがありますか?

 

もしもそれが本当なら、交通事故訴訟を高松の弁護士に依頼する人なんていなくなってしまうと思いませんか?

 

確かに弁護士費用は高いと思えるのかも知れませんが、そんなに無茶苦茶な金額を要求したことは、少なくとも我々の仕事の中ではありません。

 

弁護士費用は、相談料、着手金、そして成功報酬の三本立てになっていて、それに必要経費などが加わるのが基本です。

 

しかし、最近では相談無料としているところが多く、着手金もなしというところも増えています。交通事故の被害者救済のため、少しでも弁護士を利用してくれる人が増えてくれればいいという願いがそこにあります。 

 

最終的に示談で和解、訴訟で判決までいった場合には、損害賠償額の約10%程度を弁護士の成功報酬としていただくようになっています。 

 

判決までいったときには、被害者は事故時からの日数に対して、損害賠償額につき遅延損害金として、事故から判決まで1年経過で5%、2年経過していれば10%を利息として受け取ることもできます。

 

弁護士は最も高い賠償金の相場である「裁判所基準」で争うため、弁護士費用と遅延損害金で弁護士費用は十分にまかなえるはずです。

 

お金の問題だけでなく、時間的にも自分でやるより早く片付きますから、実にリーズナブルだと言えるでしょう。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容