交通事故示談交渉の手続きと注意点

高松の交通事故での示談交渉の相手は、常に決まっているというわけではありません。というより、示談交渉の相手は、加害者の保険加入状態によって変わります。

 

加害者が任意保険に入っていれば、交渉相手は保険会社の担当者となります。保険会社の担当者が出てきたときの注意点としては、まずは、示談交渉で相手の保険会社が提示してきた示談金額がたとえ考えていたより多かったとしても、そのまま応じて示談所にサインをしたりしないことです。

 

相手は、毎日のように同じような話を続けている「示談交渉のプロ」です。知らず知らずに口車に乗せられ、思いも寄らぬ方向にもっていかれる可能性がないとは言えません。

 

彼らとの直接交渉では不利になる場合が多いので、決して焦って和解しないことです。

 

電話で和解案を提示してくるようなところがありますが、それはダメです。後で言ったとか言わなかったという話になるのが普通ですし、逆にそうした紛争にもっていこうとするところもあるのです。

 

「早く示談しないと大変なことになりますよ」と、脅しともとれる言い方をしてくるところもあります。

 

いずれにしても、保険会社が提示する示談金額は「任意保険基準」であり、決して標準よりも上とは言い切れません。 

 

弁護士が使う「裁判所基準」よりも安い場合多いのですが、基準(相場ともいう)自体を知っていないと、どれが高くてどのくらいが安いというのかもわかりません。

 

ですから、示談を有利にするため、一度専門家である高松の弁護士に相談して、逸失利益や慰謝料についての予習をしておきことをおすすめします。

 

高松で交通事故事案を弁護士に依頼して交渉するメリット

示談交渉を自らが行なってもまとまらない場合には、やはり高松の弁護士に依頼することが最も良い方法だと思います。

 

何よりも、交通事故損害賠償請求交渉のプロであり、戦法を知り尽くした歴戦の勇士だというのがひとつの理由。

 

そしてもうひとつの理由が、弁護士に依頼し、弁護士が代理人となって保険会社と示談交渉する際には、賠償の相場という位置づけにある「裁判所判断基準」が常に基準となるよう話を進めていくからです。

 

最も高い基準表を用いて交渉するのですから、示談金額自体が上がる可能性が十分に考えられます。 

 

保険会社は自賠責基準よりは高いものの、任意保険基準という中間的な位置にあるものを用いて低い基準で交渉してくるのです。

 

保険会社によっては弁護士が代理人となると、訴訟を嫌って、すんなりと示談に応じてくる場合もあります。

 

保険会社が裁判所の判断基準に対して歩み寄りを見せない場合には、訴訟をすることになりますし、裁判は長引く可能性もあります。

 

それでも、勝訴すれば裁判所の基準での金額を得ることができるので、実りは大きいと言えます。

 

その上、交通事故発生の日から年5%の遅延損害金や弁護士費用得られるので金額が大きく増えることになります。

 

※弁護士費用は認定額の約10%程度が基準となっています。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容