交通事故の後遺症と法律事務所

高松で交通事故に遭って怪我をしたら、加害者にはガッチリと賠償責任を果たしていただきたいところです。

 

だって、加害者のせいで、そんなひどい目に遭わされたのですからね。では、どの時点で賠償金というものは支払われるのでしょうか?

 

保険会社は加害者に代わり、交通事故の示談交渉の場に立ち会いますが、治療が進み、症状固定となったあたりで正式な示談交渉の場が持たれることになります。 

 

交通事故の示談金額が保険会社から提示されますが、間違ってもそのままOKなんてことがあってはなりません。

 

保険会社が最初に提示してくる示談金額は、「任意保険会社基準」と呼ばれるもので、各種ある基準の中で決して高い額ではないからです。

 

交通事故による損害賠償金には、ほかに「自賠責基準」と「裁判所基準」があり、弁護士が適用する裁判所基準がもっとも高い設定になっています。 

 

保険会社の提示金額で示談するなど、あまりにバカバカし過ぎます。これから後遺症が出るなど、生活不安を抱えて生きていかなければならないというのに、示談金をディスカウントしてあげるなどは愚行中の愚行です。

 

自分の手で示談を成功させてやろうとされる方が、保険会社の手口にやられてしまっています。ぜひとも法律事務所や法テラスなどの機関にご相談ください。

 

本来受け取るべき適正な賠償金額を手にするため、交通事故訴訟を得意とする高松の法律事務所を活用しましょう。

 

高松の交通事故の後遺症と等級

交通事故で負った傷害のために、後遺障害に残りの人生を苦しめられている人たちを大勢みてきました。

 

弁護士という職業であれば、そうした苦しみを抱えた人たちを大勢見ることになります。  そんな方々を少しでも救ってあげたい、それが我々弁護士の願いです。 

 

後遺症は医師などによる等級認定が必要で、それぞれ該当する等級の賠償金の限度内で、自賠責保険から慰謝料と逸失利益を賠償金として受け取ることになります。

 

それらは、自賠責保険での適用となります。後遺症の等級を決定するのは、治療が進み、それ以上の治療によっても改善が見られないという段階になっての話です。

 

各部位の(主に)他覚症状によってそれは決定され、それぞれの等級に合った補償が用意されているのです。

 

等級1に該当するのは、『神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの。胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの』であり、保険金額は4000万円、労働能力喪失率100%となります。 

 

等級2に該当するのは、『神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの。胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの』で、保険金額が3000万円、労働能力喪失率も100%です。

 

各等級の後遺障害に該当しない後遺障害の場合であっても、各等級の後遺障害に相当すると判断されるものであれば、当該等級の後遺障害とするという定めになっています。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容