カーブで交通事故が多い原因とは/スピード超過による危険性とは

山道などカーブが連続して起こるような道では、死角というものを意識して、高松の交通事故の防止に努めなければなりません。


カーブが続くような道では、サーキットのような感覚になってしまい、多くの場合、死角などを気にせず、運転技術のかっこよさだけを追求してしまいがちです。


特にバイクなどは、車体を大きく倒してカーブを曲がるということがかっこいい乗り方であるというような認識があるため、そのような気持ちで運転している人が多いように思います。


しかし、カーブの危険というのは、その先にある死角が問題です。


カーブというのは、突然対向車が見えるということがよくあります。


このようなとき、スピードの出しすぎなどが原因で、車体を制御できないような状態にあると、正面衝突ということになりかねません。


そして、後続車などがある場合、よけきれず二次災害、三次災害を起こしてしまう危険性があります。


実際の事例でも、このような事故の例は多く、高松でも死亡事故が多発している交通事故の要因であるということがあります。


カーブというのはかっこいい運転をする場所ではなく、安全に最も注意しなくてはならない場所という認識を持って運転しなくてはなりません。


それは、速度を落とし、しっかりと車体を制御することによって実現できることであるということが言えます。


運転するにあたり、絶対に意識したいものの一つです。

 

大きな道路での高松の交通事故の原因は、スピードの出しすぎによるものが多いようです。


スピード超過というのは、何かに急いでいるときや、周りの車に合わせてしまってスピード感覚を失ってしまうことによるものが多いのですが、最も危険なスピード超過の原因というのは「車やバイク同士の追い抜き」ということが多いようです。


特に若いドライバーや運転に自信のあるドライバーは、このような傾向が高く、追い抜かれたことでカッとなってしまうことや無理な割り込みでキレやすいという傾向があり、その結果、スピード超過になってしまうということがあります。


スピード超過というのは、本当に危険な行為ですが、スピード超過によって全てが交通事故に繋がってしまうということではありません。


スピード超過によって、車やバイクの制御ができなくなってしまうことが、高松の交通事故を起こしてしまう主な原因です。


車やバイクに乗りなれているという人は、車の性能と自分の運転を過信してしまい、スピードが出ていても操作できるという感覚になってしまうということが多いようです。


しかし、スピードを出し、車を運転するということはそれだけ普段とは違うことが起こっているということになります。


つまり、制御できる範囲も狭くなってしまいますし、視野も狭いものになります。


このような状態で車を運転するということは、それだけ高松の交通事故を多く招くことになってしまうということになります。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容