訴訟は弁護士次第で2倍・3倍になる?

「高松の弁護士が交通事故の損害賠償請求の増額や後遺症の認定等級の不服申し立てに尽力すると、賠償金額が大幅に増額されたり、認定等級が大きく改善されたりするという話は本当ですか?」と、これまた時々聞かれます。

 

確かに、係争事案にもよりますが、保険会社が提案してきた賠償金額と、裁判例で認められる金額との間には、実際に2倍も3倍もの違いが出ることはあります。

 

後遺症の認定等級も、より多くの慰謝料が獲得できるような上位等級が認められることはよくあります。

 

もちろん、我々としてはそれが仕事なのですから、達成感があるのは当然ですが、何よりも我々を信じて事案を任せてくださった被害者の方々に喜んでいただけるのが、何よりも嬉しいと思います。

 

「こんなに、違いが出るなんて」と感謝されることが何よりの幸せです。この喜びのために弁護士をやっていると言っても、決して過言ではないでしょう。

 

保険会社は、いくら口でいいことを言ったとしても、所詮は保険会社のために働く社員に過ぎません。過失割合をできるだけ被害者にも認めさせ、加害者の過失を減らして、同時に会社の負担を減らそうとするのです。

 

被害者の依頼で弁護士が介入すれば、当然、弁護士は被害者の味方です。 

 

間違っても加害者や保険会社についたりはしません。なるべく交通事故の処理に経験と実績のある高松の弁護士にご相談ください。

 

交通事故の訴訟で弁護士に相談しなかったなら

交通事故に限らず、訴訟沙汰になっても、高松の弁護士に依頼されることなしに、すべてをご自身で解決しようとされる方は案外多いものです。

 

弁護士に依頼することで、確かに確実性は増しますし、紛争の解決までの時間もグンと減らすとこはできるでしょう。

 

しかし、やはり専門家に依頼すればお金はかかります。そうした余計な費用(そうした方々は大体そのように仰います)をかける必要はない、できれば余分な出費は避けようと考えられる方も必ずいらっしゃいます。

 

しかし、ケースによっては弁護士を使わないことで苦しい立場に追い込まれることもあるのです。

 

保険会社の社員は、最初のうちは決まっていい事ばかり言いますが、いざ過失割合や示談金額の話になると、とつぜん加害者の味方に変身します。

 

法律の知識や賠償請求のノウハウに詳しくない被害者は、賠償のプロである保険会社に「このように決まっている」と言われれば、それを素直に信じて、すぐにハンコを押してしまう人もいるのです。

 

そう言われて100万円の賠償金で手をうったが、裁判になればその3倍の賠償金はとれただろうというような事例はいくらでもあるのです。

 

被害者が「その賠償金でOK」とハンコをついてしまっている以上、「本当なら300万円は取れるはずだ」と訴えても、示談が済んでしまっていれば、もうそれをひっくり返すことは相当に困難を極めるのです。

 

後から「高松の弁護士に頼んでしまえばよかった」という方がいらっしゃいます、

 

そう言っていただけるのは嬉しいですが、そうなる前に、ぜひみなさんには弁護士をうまく使っていただきたいと思います。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容