自賠責保険に加入しないとどんなお咎めが?

自賠責保険とは、交通事故の被害者が死傷した際に、最低限の補償が受けられるよう、国で定められた自動車保険制度のことです。 

 

もしも、加害者が自動車(任意)保険に全く加入していなかった場合、被害者は何の補償受けられないことになります。賠償金はゼロです!

 

それを避けるため、強制的に加入が義務付けられており、そのことによって「強制保険」とも呼ばれます。

 

そうした性質のものですから、当然誰もが強制保険だけは加入しているだろうと思うところですが、実際には高松では100%ではないというのが実情です。

 

自賠責保険に未加入や不備がある場合には、以下の厳しい罰則が待っています。


○自賠責保険の加入証明書を、車内に置かないと30万円以下の罰金。自賠責保険に加入しているだけではダメなのです。


○自賠責保険に未加入の場合、有効期限切れの場合は、50万円以下の罰金又は1年以下の懲役と、違反点数6点で免許停止処分となる。 

 

高松の交通事故とは関係なく、未加入或いは有効期限切れの状態で運転していることわかった時点で、即刻処分となります。

 

厳しいようですが、そのくらい厳しくしておかないと、被害者救済が叶わないということなのです。

 

だって、自賠責保険は、被害者にとって最後の砦みたいなものですからね。 

 

加害者に支払い能力がなく、任意保険も入っていないという最悪の場合には、これがなかったら、誰も賠償金を払ってはくれませんから。

 

自賠責未加入の車両による交通事故なんてあるんですか?

「自賠責保険も入らずに、車を運転するなんてことがあり得るんですか?」自賠責保険未加入者の交通事故についてのお話をすると、多くの方が意外に思われるようで、そんなことを聞いてらっしゃいます。

 

しかし、現実に未加入、無加入での高松の交通事故は大変に多いのが実情です。

 

「そんなはずは…」と思われる方は、普通自動車免許などをお持ちで、普段四輪車に乗っておられる方々だと思います。 

 

250cc以下のバイクや原付については、車検制度の適用を受けないため、更新という認識がないのです。

 

そのため、自賠責の有効期限が過ぎていることに、全く気付かず、そのまま乗り続けてしまうというケースが実に多いのです。

 

切れているのに「近所でしか乗らないから、いいや」という確信犯もいますが、こちらの方が性質は悪いですね。  車検があれば、その際に否応なしに更新できる自動車と違って、原付などは実はかなり未加入が多いのです。

 

「ついうっかり」で済めばいいのですが、自賠責に入っていなかったばかりに、とんでもない賠償責任に一生を台無しにする可能性があるのですから、忘れずに加入したいものです。 

 

車やバイクを運転するのであれば、自賠責に加入しておくこと、更新も忘れずにすること、これらはすべて常識中の常識です。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容