交通事故補償で保険会社の提示する内容はなぜ低いのか

保険会社は別会社ではあるものの、それぞれに専門医を配置していて、訴訟で出される意見書などはここから出されることが多いようです。

 

同じ会社ですから、そこでどんな裏取引があってもおかしくないなと、誰でもそう思うのではないかと思います。

 

そうでもないと、保険会社が提示する後遺傷害等級や賠償金の低さがどうにも納得できません。過去に保険調査員をしていた方などともお話することがありますが、断言はしませんが、そのような工作がないとは言えないというようなこともお聞きしました。

 

確かに判定する立場にいる医師もグルとなれば、提示内容が低くなり、保険会社と加害者の利益にはなります。でも、そんな話を聞くと、弁護士としては、断固戦いたくなりますね。

 

損害保険会社たるもの、もっと社会使命を考えて、加害者ではなく被害者にもっともっと温かい手を差し伸べるべきではないか、と。 

 

高松で交通事故なんて遭いたくもない事故に遭い、ただでさえ、被害者として不遇な状態だというのに、さらに酷い仕打ちをするなんてあんまりですよね。

 

いずれにしても、ここまでいろいろ書いてきましたが、保険会社を信用してはいけません。 

 

間違っても「これ以上頑張っても、相場が決まっているから慰謝料はあがらないですよ」なんて、言われるままに示談にしてはいけません。

 

高松の弁護士に一度相談してからでも遅くはありません。

 

交通事故の慰謝料が増額される事由があります

高松の通常の交通事故示談交渉や訴訟では、過失割合の話しあいになり、被害者にも過失があったはずだ云々の展開になり、当然10対0で加害者が完全に悪者と思っていた交通事故の責任問題が、あろうことか被害者も過失があると認定されて、受け取れる賠償金額が何割か目減りした、そんな「減額」される話はよく聞きますが、増額されるなんて話は聞いたことがない、という方もおられるでしょう。 

 

しかし、実際に慰謝料が増額されるようなケースが本当にあるのです。それは主に、加害者側に問題がある場合です。

 

たとえば、加害者が故意に交通事故を引き起こした場合です。

 

接近したり、追い越しをしたりすれば、危険だとわかりきった状態であるにもかかわらず、無理に割り込んだり幅寄せをしたりして引き起こされた事故。

 

無免許だとわかっていて運転した場合や、飲酒などの、確信犯的な犯罪行為。

 

ひき逃げをしてそのまま隠し通そうとさまざまな隠蔽工作を行った場合、さらには危険を承知で著しいスピード違反や常軌を逸した信号無視などの重過失があった場合には、その分が賠償金の支払い基準に積み上げられ、同様の事案よりも高い賠償金となる場合があります。

 

さらに、反省の色が見られず、著しく不誠実な態度であった場合なども、高松の交通事故の慰謝料としては通常の金額に上乗せされることはよくあることなのです。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容