症状固定は交通事故被害者自らが決断すべき?

高松の交通事故で、相当に激しい傷害を被ったとしても、事故から3ヶ月、半年と経過すれば、そろそろ症状固定、後遺障害診断というレベルに進んでもいいくらいに回復はされていると思います。

 

症状固定は、誰が決断すべきものなのでしょうか?

 

どんなに大きな手術を受けた人であっても、6ヵ月も経てば社会復帰できるようになります。交通事故でも、通常は6ヵ月も経過すればそろそろ症状固定、そして後遺障害診断という段階になります。

 

しかし、実際の患者としては、まだ治療は続けたい、まだ私は良くなるはずだという思いがあるのに対し、医師や保険会社はこれ以上いくら治療を続けてもこれ以上の改善は見込めないと判定している、ここに温度差が生ずるわけです。

 

症状固定の決定は、無理に長引かせるよりも、被害者自身で勇気を持って決断すべきだと思います。

 

もっとわかりやすい症例として、四肢の切断や脊髄の横断型損傷であれば非可逆性損傷のため治療効果は期待できませんから、6ヵ月も待たずに症状固定とすることができます。

 

被害者にとって望ましいのは、いつまでも治療を続けて、加害者への恨み節を歌い続けることではなく、早期の社会復帰、そして適正な後遺障害等級の獲得と補償の確保です。

 

人間の自然治癒力と、状況への適応能力は本当にすばらしいものです。自分を信じて、早期の和解と補償の獲得を目指しましょう。

 

適正な等級と、十分な補償の獲得のためには、高松の弁護士の力もぜひ活用していただきたいと思います。

 

症状固定までが長引く交通事故症例もあります

通常であれば、交通事故に罹災してから半年以内で症状固定となり、引き続き後遺傷害等級の認定へと進みますが、中には特殊な例もあり、数年の月日を要してようやく症状固定と判定されるようなケースもあります。

 

通常の骨折であれば、3ヶ月もすれば普通に歩けるくらいにまで回復できるものですが、骨折部の骨癒合が進まないケースでは、プレートや髄内釘を除去することができず、リハビリに移行することもできないことがあります。

 

そのように、言ってみれば「よくある傷病」ではなく、治療法が確立されていないような、難病ともいえるような症例になってしまった高松の交通事故症例では、症状固定まではるかに長い時間が必要となります。

 

高次脳機能障害は最近良く聞かれるようになった傷病名でしょう。

 

PTSD=非器質性精神障害は、地震などの災害に遭われた方々や、殺人などの衝撃的な事件に遭遇した方の中で多く発症するもので、以前は正式な病名として任とされていなかったところがありますが、今では堂々と医学用語として使われています。 

 

ただ、精神的な部分が多いので、治療法が見つかるのはこれからとなりそうです。

 

難治性疼痛障害=CRPSも、何が原因で痛みとなって現れるのかがわからない症状なので大変です。ドラッグチャレンジテストによって、少しずつ痛みの正体を調べていくため時間がかかるのです。

 

モルヒネで痛みが止まれば侵害受性の痛み、ケタミンならMDA受容器の拮抗薬なので、中枢性痛覚過敏が関係すると判断。

 

バルビツレートなら脊髄ニューロン系、フェントラミンであれば、交感神経依存性の痛み、リドカインなら後根神経節の自発放電が疑われます。

 

これらの症状の場合、受傷から1年以上の治療を続けた後に症状固定を決断するのが一般的です。

 

事故被害者が児童の場合、高次脳機能障害であれば、発達障害確認の必要もあることから、症状固定には2年以上の経過観察を要するとされています。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容