集中力が切れて起こる交通事故/全ての人の注意が交通事故を防ぐ

高松の交通事故というのは、何も運転手だけの責任ではありません。


もちろん、交通事故を起こしてしまった要因というのは運転手の運転スキルによって変わってしまうものなのですが、なぜ、そのような運転に対する集中力を欠いてしまうことになってしまったのかということ考えると、同乗者の要因というものが無いこともない、ということがあります。


初心者であれ、ベテランであれ、車を運転するということに関しては多くの集中力と多くの判断力を要します。


確かに、ベテランともなると危険な部分とそうでない部分の見極めができることが多いので、集中力を切らさない方法を自分で知っているということになるのですが、初心者となると些細なことで集中を欠いてしまうことが多いようです。


ベテランだからといって、自信過剰になってしまうと、危険なのですが、同乗者の影響を受けてしまうことが多いのは、初心者の方が多いようです。


何が問題なのかというと「運転中に突然大きな声を出したり、必要以上に口を挟む」というようなことです。


安全確認の補助や普通の会話で、集中力が切れてしまうということはありませんが、突然の大声というのは運転手にとっては大敵です。


そのことによって視線をそらしたということになれば、それだけ、事故の可能性というのは大きくなってしまいます。


つまり、高松の交通事故というのは「同乗者などの外的要因」からも起こってしまうことも多いということです。

 

同乗者の人は、このようなことも知っておかなくてななりません。

 

高松の交通事故で思いつくことといえば、車同士の衝突事故である、というイメージですが、実は、歩行者が関係したものも非常に多く発生しています。


歩行者というのは、もちろん歩いている人ですが、この歩行者が関係する交通事故が多発しているということを認識していない人が非常に多いということが言えます。


よく見られるのは、車の死角に入ってしまい起こる巻き込みであったり、歩行者の飛び出しであったりというような、歩行者の注意力が散漫になっていて起こってしまうというものが多いのです。


もちろん、車を運転している人の警戒心が足りないということも考えられるのですが、車の運転手だけが注意していても、防ぎきれない交通事故というものが多くあるということに、歩行者も気付くことが必要です。


先に挙げたような高松の交通事故というのは、車にも歩行者にも動きがある場合の事故ですが、交通事故というのはそのような動きがある場合だけではありません。


止まっている車のドアの開閉時に歩行者と接触してしまうと、これも交通事故として法律上では認識されてしまいます。


つまり、高松の交通事故というのは片方だけが注意するということではなく、道路を使っている人全員が注意をしていくということが重要なことになってきます。


よく我がもの顔で信号を無視していたり、交差点などで飛び出している車や歩行者を見ますが、このような人は、再認識することが必要です。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容