死角と事故の関係性/酒気帯び運転は事故を誘発する麻酔薬のようなもの

自動車はものすごく便利なものであり、今の時代には無くてはならないものであるという認識がもたれていますが、自動車はものすごく危険が多く、場合によっては、凶器にもなってしまうものです。


その危険の一つが、自動車の死角によって生まれてしまう交通事故です。


自動車の死角というのは、実際に自動車を運転している人でも、いち歩行者になってしまうと分からなくなってしまう人が多く、高松の交通事故の中でも多い事故の事例です。


この自動車の死角については、ドライバーだけでなく、自動車を運転しない人にも認識してもらい、道路にいる人全員が自動車の死角による巻き込み事故を回避していく努力をしていかなくてはなりません。


また、ドライバーとして、自分が乗っている自動車の死角は何処なのかということをしっかりと認識していくと共に、停車中の自動車の死角など、自分から見える範囲の死角もしっかりと認識するということが、歩行者や自転車との高松の交通事故を防ぐことに繋がります。


また、歩行者自身も「車から自分が見えているだろう」ということではなく、「見えていないかもしれない」ということを常に考えておくということが必要です。


そして、危険を感じたときは必ず止まって確認するという癖をつけておくことが、交通事故にあわないための唯一の方法だということが言えます。

 

最近増えている高松の交通事故の事例は、酒気帯び運転による交通事故です。


アルコールを飲んで自動車を運転してはならないということは、免許証の有無に関わらず、誰でも知っていることなのですが、この当たり前の行為を平気で行っているというドライバーが後を絶たないということは、酒気帯び運転での事故が多いということと比例しているように思います。


「酒に酔う」というのは人によって程度があり、コップ一杯程度では全く変わらない人もいれば、顔が赤くなってしまう人など様々です。


しかし、アルコールを摂取した状態というのは全く変わることはありません。


アルコールを飲んだ人全員が、視力低下や手足のふらつき、注意力や判断力というものが欠如してしまうということです。


このような状態で自動車を運転することは、絶対に危険であるということは誰が見ても明らかです。


酒気帯び運転によっての罰則というものは厳しいものになり、高松の交通事故に関しても、免許証の取り消しや禁固刑になるということが当然のようになってきました。


酒気帯び運転というのは、それだけ危険が伴うものとして認識されているという結果です。


「少しくらいなら酒を飲んでも大丈夫」というような認識で自動車を運転するということは、アルコールによって大脳組織が麻痺している証拠です。


大丈夫なのではなく、判断できない状態であるということに気づく必要があります。


たとえ一杯だけといっても、許されるべき行為ではありません。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容