交通事故を目撃したらどうすればいいのか/行政処分と交通事故の重さ

高松で交通事故を起こしてしまうと、当人同士の話し合いで示談にしたりするのではなく、しっかりと警察に連絡をし、然るべき手段を持って罰せられなければいけません。


特に人身事故の場合は、歩行者や自転車などの人がどのような状況なのかということはかなり重要です。


必ず救急車を呼んで、負傷者の手当を優先するということが必要なことなのですが、そのようなことは、当人はもちろんのこと、周りの目撃者もしっかりと手配してあげるくらいの気持ちを持っておかなくてはいけません。


近頃では、事故を見たりしても、素通りしてしまうというような人が多くいるようなのですが、それでは、しっかりとした対処が行われないということになりかねません。


「事故を起こした人が全ての手配をすればいい」というのは、もちろんですが、事故というのは、状況によっては本人が連絡できないということもあります。


例えば、車と歩行者の事故を例に挙げますと、車の運転手も急ブレーキを踏んだことによって首を痛めてしまっていたり、歩行者も接触のショックで意識を失ってしまうとなると、当事者が連絡をし、然るべき連絡をするということは不可能です。


このような時、周りの目撃者の心遣いというものが大きく影響してきます。


そして、事故の解決に大きく貢献することにつながり、事故を起こした当事者の助けとなります。


つまり、見てみぬフリというのは、事故の被害者を放置しているということと同じことなのです。

 

高松の交通事故、特に人身事故を起こした場合によく聞かれる行政処分という言葉を、ニュースや新聞などで聞いたり見たりしたという人は多いのではないかと思います。


しかし、この行政処分というのは、どのようなことなのか、はっきりと理解しているという人は少ないというのも事実です。


行政処分というのは、広域に関わってくる言葉ですので、全てを説明していくとものすごく膨大な量になってしまいます。


高松の交通事故に関わってくる行政処分というのは、危険運転致死罪や自動車運転過失致死傷罪など最近良く耳にするようなものばかりです。


事故を起こしてしまうと、このような罪にとわれるということは、ドライバーであれば知っていて当然のことなのですが、認識が甘く、そんなに重大なことのように考えていないという人も多いのです。


大抵の人は、その罪によってかかってくる刑罰の重さに目が行ってしまい、その罪自体の重さには関心が無いといいますか、そんなに考えるということはありません。


しかしながら、このような罪にとらわれるということは、人を傷つけた、もしくは人の命を奪うような行為をしたということですので、刑罰の重さよりも、高松で交通事故を起こしてしまったというようなこと自体の罪を重く受け止める必要があります。


つまり、行政処分を受けたということは、それだけ罪深き行為をしたということです。


刑を償っただけでは、到底報われることの無いものだと知っておく必要があるのです。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容