歩行者のマナー/交通事故の起こりやすい時間帯について

高松の交通事故というのは、車などの乗り物が関わっているものだけというわけではありません。


最近では、歩行者同士の衝突事故というものも多い傾向にあります。


これはあくまでもイメージ上のことなのですが、歩行者同士ということになると大したことにはならず、お互いに「失礼しました」の一言で済ませられるものが多いと考えられます。


しかし、歩行者同士の事故というのは、そのような簡単に済ませることの出来ることばかりでは無いのです。


実際に、死亡事故になってしまったという事例が存在していますので、考えただけでも恐ろしいものです。


歩行者の衝突の要因というのは飛び出しによる出会い頭の衝突というものが多いのですが、最近では携帯電話に夢中になっていることで起こるものが多いのです。


携帯電話を見るということは、視線を前ではなく下に向けて歩くということになります。


そうすると、前の状況が全く把握できない状態で歩いていますので、他の歩行者とぶつかってしまう可能性があります。


軽く当たるくらいでは死亡事故に発展するということは少ないのですが、高齢者や子供などにぶつかってしまったときは問題です。


相手が転んでしまい怪我をする、または、打ち所が悪く重症もしくは死亡してしまうことは実際にあることなのです。


携帯電話が悪いわけではありません。 高松でこのような交通事故を防ぐには、歩行者としてのマナーが必要なのです。

 

交通事故が起こりやすい時間帯というものがあります。


その時間帯を知っておき、自分自身で注意しておくということが高松の交通事故の防止にもつながります。


では、その交通事故の多い時間帯というのはどのような時間帯なのかというと、夕方、つまり、日没後から完全に暗くなるまでの数時間です。


日没からの数時間というのは、多くの場合、帰宅時間や買い出しの時間、子供の下校時間などが一気に集中してしまう時間帯であり、道路を使用している人の数が一気に増える傾向があります。


このような時間帯というのは、歩行者も自転車も、車のドライバーもしっかりと注意して走行しなければなりません。


もちろん、道路を利用する人の数が増えているから事故が多発するということではありません。


むしろ、人が多いということは一つの要因でしかないといっても過言ではありません。


何が問題なのかというと、「薄暗くなることによって、視界が悪くなってしまう」ことです。


これが、高松の交通事故の発生する要因の一つであるということが言えます。


視界の悪さを回避するには、早めにライトを点灯し、視界を確保するということや、歩行者であれば反射板のついたものを着用するなどの対策が必要です。


よく、車に対して注意を促す標語を目にしますが、車だけでなく、道路を利用するすべての人が、この時間を意識し、注意することが必要になってくるということです。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容