居眠り運転の交通事故と自己管理/見晴らしの良いところで起こる事故要因

居眠り運転が原因で高松の交通事故が起きてしまうというのも、頻繁に聞くことのある事故の事例の一つです。


このような交通事故というのは、道路の形状が要因であるとも言われていますが、元を正せば「ドライバーの自己管理の不行き届き」です。


睡魔がくるというのは人である以上、仕方の無いことではありますし、疲労などから普段なら起きていられる時間帯でも睡魔に襲われてしまうということは多々あります。


このようなことは、若さや高齢であるということは関係なく、誰しも経験することです。 また、予兆もしっかりと自覚できるものです。


この予兆があるにもかかわらず、自意識過剰によって運転を続けることが、居眠り運転による高松の交通事故の要因ということになります。


よほど生活のリズムが変わっている人以外、夜になると睡魔がきますが、日ごろの寝不足などが原因で起こる睡魔というものもあります。


これら全てを回避するということは不可能に近いのですが、明らかに無謀な状態で運転するというようなことは回避することができます。


また、そのようなことを禁止しているような法律や規則はありません。


確かに、会社組織の中ではこのようなことに物申すというような人がいるかもしれませんが、そのような人はごく一部の人です。


つまり、居眠り運転を回避するには、寝不足にならないように自己管理をしっかり行うことと、休憩するということが必要なのです。

 

高松の交通事故の原因というのは様々です。 「何故、こんなところで」というような場所でも事故というものは起こってしまいます。


特に、大きくてまっすぐな道や、静かで代わり映えの無い道というのは、交通事故が多くなる傾向が強いようです。


身近なところで言うと、幹線道路などの大きく伸びた道というのは、事故が起こりやすくなってしまうということが言えるのです。


その原因は、視界がよく、大きな道であることによるスピード超過です。


スピードが出すぎるということは、それだけ車をコントロールするための集中力が必要になります。


しかし、変わり映えの無い道であったり、大きく広い道であったりすると、運転手の集中力は途切れてしまいます。


「気にしなければならない」というものがありませんから、その分、意識は運転に集中しきれないことがあるということです。


これは、初心者でもベテランでも、普通車でも大型車でも、車を運転しているという人には必ず起こる問題です。


しかしながら、このような状況を回避する策というのは、運転手本人のやり方次第であるといわれています。


つまり「気分転換や集中できるような環境を作る」ということです。


特に長距離を運転するというようなときは是非とも気をつけたいことかもしれません。


自信過剰になることは、高松の交通事故の引き金になるのです。


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容