「道路はみんなのもの」/ブレーキの特徴と高松の交通事故の関係性

交通事故の定義というのは、ほとんどの人が理解していないほど多くのことが決められており、知らないうちに交通事故を起こしてしまったというようなことがあります。

 

しかし、高松の交通事故を考えるとき、どうしても自動車と歩行者、もしくは自転車など、自動車が関係した交通事故を想定した話になってしまうことが多いです。


しかし、道路交通法では、危険を防止し、安全に道路を使用するということを妨げるまたは、それに値する行為を事故としてみなす、ということが書かれています。


つまり、接触を伴う交通事故だけではなく、路上駐車や歩行者の妨害、または車の進行妨害なども、高松の交通事故になる要因として規定されているということです。


例えば、歩道に止められている自転車を避けるために、道路に出て、交通事故にあってしまったというようなことは、比較的頻繁に起きているような問題です。


この場合、事故に直接関与していない自転車も、この事故の要因の一つということになってしまいますので、道路交通法で然るべきバツを受けるということがあるのです。


「まっ、いいか」というような気持ちで、安易に歩行者や自動車の進行を妨げてしまうと思わぬ事故に繋がってしまうということがあります。


つまり、道路は自分のものではなく共有物であるということを認識して行動する必要がある、ということです。

 

自動車というのは、ブレーキを使って自動車を制御し、アクセルを使って自動車を走らせるという比較的簡単な基本構造です。


簡単な構造であるがゆえに、簡単にスピードを出すことができ、そのスピードの出しすぎが、高松の交通事故に繋がることもあります。


ブレーキがついているためスピードを出して自動車を動かしていても大丈夫だというような認識を持っていてはいけません。


ブレーキというのは、自動車を制御するために付けられているもので、安全装置の一つということは間違いないのですが、ブレーキを踏んだからといってすぐに止まるということではありません。


ブレーキは、かけてもすぐに制御できない空白の時間があり、その空白の時間と言うのは、スピードが上がるにつれて、長くなります。


また、人が操作するものですので、判断の遅れや認識のズレから、ブレーキの性能が十分に発揮されないまま交通事故になってしまうというようなことも多く起こっています。


こう考えると、制限速度で決められていたとしても、自身の感覚で速度を遅くするというような判断は必要ですし、高松の交通事故を回避するための意識を持つ必要があります。


制限速度は「そのスピードまで出してもよいというものではなく、そのスピードより出してはいけません」と定めているものです。


つまり、自動車を安全に操ることの出来るスピードというものをしっかりと考え、運転する事が高松の交通事故を回避する得策なのです。

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容