質問 保険会社から「治療費の支払いを打ち切る」と言われましたが?


回答 治療が必要ならば治療を継続するのが一番良いです。 


交通事故の被害者は、病院に治療に通います。

そのときに、当初は、加害者側の保険会社が病院の治療費を、保険会社から病院に直接支払うことが多いと思います。

この場合、被害者の方は、治療費を支払わずにすみますから、負担が軽くてすみます。

ただし、保険会社も、ずっと治療費を支払うわけでもありません。

一定期間が過ぎると、「治療を打ち切ってください」ということを被害者に要求してくることが多いです。

この場合、どう対応するのが良いでしょうか。

これは、治療期間によって回答が異なります。



治療をはじめてから3か月で「打ち切り」と言われた場合 


治療をはじめてから3か月くらいで「治療打ち切り」と言われた場合には、被害者の方は「治療継続する!」と大声で言うべきです。

そして、保険会社も治療の継続を認めることが多いです。

もともと、こういう交通事故の治療の場合には、業界の暗黙の了解として、交通事故のケガの治療は6カ月程度が目安となる、という常識があります。

ですから、保険会社も治療がはじまってから6カ月くらいまでは、本気で治療を打ち切ろうとはしていないことが多いのです。




3カ月くらいで「治療打ち切り」を言ってくるのは、被害者によっては「保険会社の人が治療を終わってくださいと言っているなら、終わった方がいいのかな」と思って、治療をやめてくれる被害者が、たまにいるからです。

ですから、治療がはじまってから3カ月くらいでの「治療打ち切り」については、保険会社の方は「治療を辞めてくれたらラッキー」程度にしか思っていないことが多いのです。

要するに保険会社も「ダメでもともと」と思いながら、「治療打ち切り」と言ってきているということです。



治療をはじめてから6か月で「打ち切り」と言われた場合

6か月目で「治療打ち切り」を言われた場合には、保険会社は、本気で治療を終了させようとしています。

ですので、まず、自分として、治療を終了させるべきか、それとも、治療を継続するかどうかを真剣に考えるべき場面です。

6か月治療をすれば、通常は、交通事故のケガはかなり軽減しているはずです。

ですので、これを機会に、治療としては終了して、あとは自分の健康保険を使用してリハビリのために通院するというのも、たしかに一つの考えです。





一方、6か月を経過しても、まだ症状が重くて、毎日のように通院しているという方もいるかもしれません。

こういう場合には、保険会社に強く反論して、治療の継続を認めさせるべきです。

たとえば、治療している医師にお願いをして、「治療の継続が必要である」という診断書を発行してもらうのも一つの考えです。

その診断書を、保険会社の担当者に提出して治療の継続を強く主張するのです。


どうしても継続が難しいという場合であっても、さらに粘り強く交渉することも可能です。

「あと1か月だけ治療の継続を認めてほしい」

という交渉をおこなうのです。

保険会社の担当者も、なるべくであれば被害者に納得してもらって治療を終了したいと考えています。

したがって、「あと1か月だけ治療費を支払ってくれたら、治療終了に同意する」という交渉は、わりと成功率が高いといえます。




 

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容