質問 後遺症のサポートをしてもらえるのでしょうか?


回答 弁護士は後遺症のサポートをすることが可能です


交通事故の被害者が治療を6カ月程度受けたあと、なお、後遺症として残った症状がある場合には、後遺症として申請することが可能です。

これを後遺障害の等級認定といいます。

もっとも重い後遺症が1級であり、もっとも軽い後遺症は14級となります。

後遺症の認定手続の段階から弁護士が関与した方が、後遺症が認定されやすくなるというメリットがあります。

なぜならば、弁護士は、後遺症の認定の基準を熟知しており、後遺症を正しく認定してもらうためにはどうしたらよいか、どういう書類が必要なのかということを知っているからです。

弁護士がサポートすると後遺症認定の結果が変わります 

弁護士は今まで何百例も後遺症認定をおこなっています。

したがって、後遺症認定になにが必要なのか、どういう書類を書いてもらうと有利なのかということをよく知っています。

ですから、弁護士がサポートすることによって、後遺症認定の結果は変わる可能性が高いということがいえるでしょう。

もしも、弁護士に依頼せずに、被害者の方が自分一人だけで後遺症の認定手続をおこなった場合には、ひょっとしたら、後遺症として認定されるべきケガが、正しく認定されないという結果になってしまうかもしれません。





後遺症の認定に有利な病院を紹介できます 


後遺症の認定手続をするときには、「後遺障害診断書」という重要な書類が必要になります。

これは、ケガの治療をおこなった医師が書く診断書です。

ただ、この「後遺障害診断書」を書くときに、詳しく書いていただける医師の先生と、そうではない医師の先生との間に、残念ながら違いがあります。


本来ならば、後遺症として認定されるべきケガであっても、「後遺障害診断書」の書き方が悪いと後遺症として認定されないということが、あり得るのです。

では、正しい「後遺障害診断書」を書いてもらうためにはどうしたらいいでしょうか。

この点は、もともと「後遺障害診断書」に理解のある医師に治療してもらうのが一番です。

ですから、治療の段階から、どこの病院で治療を受けるのかが重要になってくるのです。

弁護士は、高松での交通事故に詳しいので、どこの病院で治療を受ければ、正しい「後遺障害診断書」を書いてもらえる可能性が高いかということをアドバイスできるのです。


 

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容